How to

Cakewalk by BandLab 使い方・ステップシーケンサーでの打ち込み【無料DAW】

ステップシーケンサーの使い方のアイキャッチ画像 How to
スポンサーリンク
はじめに

Cakewalk by BandLabのステップシーケンサーの使い方を解説します。

スポンサーリンク

ステップシーケンサーとは

デフォルトでは16分のパッドで構成されている。
入力箇所はグレーからオレンジ色に変化する
cakewalkのステップシーケンサー

ドラムマシン等に導入されていた入力方法で、時間軸がリニアではなく、16分音符で分割されたパッドで表現されています。

ドラム等のように使用する音が少ないトラックで短いパターンを繰り返すトラックで使用できます。

ピアノロールと比べると汎用性は落ちますが、その分スピーディーにパターン作成が可能になります。

打ち込みにはMIDIキーボードやパッドを使用すると時短になるのでおすすめです。
MIDIキーボード紹介」おすすめのMIDIキーボードを紹介しています。

Cakewalk by BandLab・ステップシーケンサーの開き方

midiトラックの作成・選択

編集したいmidiトラックをクリックして選択、
または編集を行うmidiトラックを作成します。

midiトラックを作成する場合は、トラックの空いた領域で右クリック → 「MIDIトラックの挿入」をクリックする他、
トップメニューの「挿入」 → 「MIDIトラック」をクリックすることで可能です。
(ショートカットキーは「CTRL+SHIFT+T」です)

トラックの空いた部分で右クリックし、MIDIトラックの挿入をクリック
ポップアップメニューからMIDIトラックの挿入
トップメニューからもMIDIトラックの挿入が可能です
トップメニューからMIDIトラックの挿入

ステップシーケンサーの表示

ステップシーケンサーを表示する場合は、編集したいMIDIトラックを選択した状態でトップメニューの「表示」 → 「ステップシーケンサー」をクリックします。
(ショートカットキーは「ALT+4」です)

すると下段にステップシーケンサーが表示されます。

トップメニューからステップシーケンサーの起動が可能
トップメニューからステップシーケンサーを表示
ステップシーケンサーはトラックビューの下側に表示されます
ステップシーケンサーの表示位置

Cakewalk by BandLab・ステップシーケンサーの見方

横軸が時間軸になっていて、上部に表示されている数字が拍数を表しています。
画像の場合、1拍に4つパッド(ボタン)が配置されているので16分音符で分割されています。

縦軸はMIDIノート(音程)になっています。
使用する音源(ソフト音源等)に合わせて、MIDIノートを調整します。
例えばドラム音源のバスドラムを入力したい場合、バスドラムの音程を調べて音程を調整するか、新しく行を追加します。
(不要となった行は削除することも可能です)

左上の操作パネルについて解説します。

ステップシーケンサーの上部に操作パネル(ボタン等)があります
ステップシーケンサーの操作パネル
1.Beats

拍数を決定します。
画像では4となっているので、4/4拍子の場合1小節分の入力が可能になります。

2.Steps

1拍の分割数を決定します。
画像では4となっているので、4/4拍子の場合、1拍を4つで分割することになります。
(ひとつのパッドが16分音符となる)

3.四分音符に合わせる/設定値

この設定は少し難しいですが、「四分音符に合わせる」ボタンを有効すると、右にある設定値でパターンの時間が変更されます。
例えば、設定値を4→8に変更すると、4拍が四分音符8つ分になるので入力したパターンが2小節分の長さになります。
(スピードでいうと半分の速度になります)

4.MONO/PORY

入力モードをモノモード/ポリモードに切り替えます。
モノモードは同一のタイミングで一つの音しか入力できません。
(縦列にひとつしか入力できない、メロディーの入力で使用します)
ポリモードは同一のタイミングで複数の入力ができます

5.再生ボタン

入力したパターンを再生します。

6.ステップ入力のオン/オフ

このボタンを有効にすると、MIDIコントローラ(キーボード等)でステップ入力が可能になります。
MIDIキーボードの場合、鍵盤を叩くと赤色の列に入力されて、自動で隣の列に移動します。
(鍵盤を叩くだけで入力が完了します)

Cakewalk by BandLab・ステップシーケンサーでの打ち込み方・編集方法

クリック

対応したパッドを左クリックすると入力できます。
入力したパッドは右クリックすることで削除可能です。

ドラッグ

左ドラッグすると、同じ行で隣の列に連続入力可能です。
右ドラッグすると、連続削除が可能です。

ステップシーケンサー上でドラッグすることで連続入力可能
ステップシーケンサーでのドラッグ入力

ステップ入力

「ステップシーケンサーの見方」で紹介しましたが、「ステップ入力ボタン」をオンにすることでMIDIコントローラでのステップ入力が可能になります。

最後に

今回はCakewalk by BandLabのステップシーケンサーについて解説しました。
ステップシーケンサーは主にドラムトラックで有効な機能なので、しっかりマスターしておきましょう。

おすすめ
cakewalk記事まとめのアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・記事まとめ【無料DAW】
長らくCakewalkの使い方の記事を書いてきたので、記事の一覧ページを作成しました。 目的のページにアクセスし易いようにまとめたわけです。 初めてCakewalkを触る方は、このページを順に追っていけば理解度も深まりますよ!
おすすめ
Cakewalk by BandLab ダウンロードからインストールまでの手順を紹介【無料DAW】
無料のDAW『Cakewalk by BandLab』のインストール方法を紹介します。
おすすめ
Cakewalk by BandLab 使い方・基本編【無料DAW】
基本的な使い方を紹介します。今回はプロジェクトの開き方から、midiノートの入力までを解説します。
おすすめ
Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・編集、ミキサー編
編集編として主にミキサーの使い方を紹介します。
おすすめ
cakewalkメインテーマ画像
Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・プラグイン編
Cakewalk by BandLabでのプラグインの使い方を解説します。
おすすめ
cakewalkの使い方・音源追加方法のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・音源追加方法について【無料DAW】
Cakewalk by BandLabにソフトウェア音源、プラグイン音源を追加する方法を紹介します。
おすすめ
cakewalkの打ち込み方のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・打ち込みについて【無料DAW】
Cakewalk by BandLabでの基本となる打ち込みのやり方を紹介します。
おすすめ
cakewalkで音が出ないときの対処方法、アイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 音が出ないとき【トラブルシューティング】
Cakewalk by BandLabに限らずDAWを使っていると直面する、音が出ないトラブル・・・今回はそんなトラブルを解決していきます。
おすすめ
エクスポートの使い方のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・エクスポートについて【無料DAW】
リニューアルされたCakewalk by BandLabのエクスポート機能の使い方を紹介します。

Comment

タイトルとURLをコピーしました