tips

Cakewalk by BandLab 使い方・ドラムの打ち込みについて【無料DAW】

cakewalkドラムの打ち込み方のアイキャッチ画像 tips
スポンサーリンク
はじめに

Cakewalk by BandLabでのドラムの打ち込み方を紹介していきます。

Cakewalk by BandLabを使って解説していきますが、多くの項目が他のDAWでも対応できる内容となっています。

それでは順に説明していきます。

スポンサーリンク

1.ドラム音源のインサート

先ずは、インストゥルメントトラックにドラム音源をインサートしましょう。

音源のインサート手順については「Cakewalk by BandLab 使い方・音源追加方法について」で詳しく解説しています。

また、ドラム音源を検討している方には「2022年おすすめドラム音源 4選!【DTM用ドラム音源編】」でおすすめのドラム音源を紹介しています。ぜひご覧ください。

2.MIDIノートの打ち込み

音源がインサートできたら、MIDIトラックに打ち込んでみましょう。

Cakewalk by BandLabの打ち込み方については「Cakewalk by BandLab 使い方・打ち込みについて」で解説しています。

ドラムトラックの打ち込みはステップシーケンサーが非常に便利です。
ステップシーケンサーについては「Cakewalk by BandLab 使い方・ステップシーケンサーでの打ち込み」で解説しています。

3.ドラムフレーズについて

ドラムフレーズは曲のジャンルである程度形が決まっています。

最初はドラム音源に付属しているパターンを並べていく形で問題ありません。
オリジナリティを出したい場合に打ち込んでいきましょう。

ドラムパターンの基本は4つ打ちです。
「キックが重要!4つ打ちとは ~基本リズムパターン~」で4つ打ちの解説をしています。

最後に

今回はCakewalk by BandLabでのドラムの打ち込み方を紹介しました。
ドラムは形が決まっているので、曲のジャンルを少し勉強すれば簡単に導入することが出来ますよ。

おすすめ
Cakewalk by BandLab ダウンロードからインストールまでの手順を紹介【無料DAW】
無料のDAW『Cakewalk by BandLab』のインストール方法を紹介します。
おすすめ
Cakewalk by BandLab 使い方・基本編【無料DAW】
基本的な使い方を紹介します。今回はプロジェクトの開き方から、midiノートの入力までを解説します。
おすすめ
Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・編集、ミキサー編
編集編として主にミキサーの使い方を紹介します。
おすすめ
cakewalkメインテーマ画像
Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・プラグイン編
Cakewalk by BandLabでのプラグインの使い方を解説します。
おすすめ
cakewalkの使い方・音源追加方法のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・音源追加方法について【無料DAW】
Cakewalk by BandLabにソフトウェア音源、プラグイン音源を追加する方法を紹介します。
おすすめ
cakewalkの打ち込み方のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・打ち込みについて【無料DAW】
Cakewalk by BandLabでの基本となる打ち込みのやり方を紹介します。
おすすめ
cakewalkで音が出ないときの対処方法、アイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 音が出ないとき【トラブルシューティング】
Cakewalk by BandLabに限らずDAWを使っていると直面する、音が出ないトラブル・・・今回はそんなトラブルを解決していきます。
おすすめ
エクスポートの使い方のアイキャッチ画像
Cakewalk by BandLab 使い方・エクスポートについて【無料DAW】
リニューアルされたCakewalk by BandLabのエクスポート機能の使い方を紹介します。

Comment

タイトルとURLをコピーしました