tips

2022年おすすめドラム音源 4選!【DTM用ドラム音源編】

おすすめドラム音源のアイキャッチ画像 tips
スポンサーリンク
はじめに

おすすめのDTM用ドラム音源を4種類紹介していきます。

音質や価格、扱いやすさ等々、総合的に見てランキングにしました。

スポンサーリンク

おすすめ度1位 XLN AUDIO Addictive Drums 2

「手軽にプロクオリティのドラムトラックが欲しい!」
そんな願いを叶えてくれるのが、Addictive Drums 2です。

音の作りこみは細かいところまで出来ませんが、プロにより作りこまれた即戦力な音が録音されています。

また、初心者の方でも直ぐにトラックが作れるMIDIpacksで様々なジャンルのパターンが用意されているので、プロのような音が簡単に手に入ります。

半面かなり作りこまれた音なので、よく聞いたような音と感じたり、Addictive Drumsの音と解ってしまうこともあります。

商品は拡張パックを選択していく形になります。
私のおすすめは6つパックを選択できるCustom XL Collectionです。

おすすめ度2位 TOONTRACK SUPERIOR DRUMMER 3

比較的新しい音源の為、今までの音源と比べると音質面で優れたドラム音源です。

拡張パックで音数を揃えていく製品が多く、SUPERIOR DRUMMER 3も追加することが可能ですが標準で230GB以上のサンプリング音、35種類のエフェクターと至れり尽くせりな製品になっています。

プリセットの音をそのまま鳴らしたとき・・・生ドラムの音かと思うくらいの音質にびっくりしますよ。

また、初心者の方でもSong Creator機能を使えば、曲に合わせたパターンを自動で作成してくれますよ。

おすすめ度3位 TOONTRACK EZ DRUMMER 3

先ほど紹介したSUPERIOR DRUMMER 3はフラッグシップ音源ですが、EZ DRUMMER 3はエントリーユーザー向けの製品になります。

その分、容量が少なく音のバリエーションも少ないですが、厳選された使い易い音は迷うことなく選択できるので初心者の方におすすめです。
今回紹介する製品の中でも非常に安価なのでこれから始める方にもぴったりです。

プリセットが作りこまれていて、沢山のMIDIパターンが収録されているのでパターンをDAWに張り付けることでトラック作成が可能です。

おすすめ度4位 IK Multimedia MODO DRUM

新しいドラム音源で、今まで紹介した音源とは作り方が根本的に異なります。
多くの音源はドラムを音を実際に録音して音源として使用しますが、MODO DRUMはモデリング音源と呼ばれており、ドラムを音をシミュレーションすることで発音します。

このモデリング音源はドラムを構成するパーツの変更や、人が叩くときの癖等もシミュレーションするので自然なドラムトラックの作成が得意です。

私もメインで使用しているMODO DRUMは個人的には一番推している製品です!

最後に

今回はおすすめのDTM用ドラム音源を紹介しました。
昨今のドラム音源は非常にリアルな音なので、紹介した製品を使用すれば手軽にプロのような音が得られますよ。

Comment

タイトルとURLをコピーしました