【爆速】Stable Diffusion WebUI ForgeのHyperTileで高速アップスケールする方法

桜の木の前に立つブロンド女性のAIイラスト

はじめに

Stable Diffusionで高画質な画像生成はしたいけど、アップスケールに時間がかかりすぎて諦めてしまうことはありませんか?

WebUI ForgeのHyperTileを使えば、Stable Diffusionのアップスケール速度を大幅に向上させることができます。

本記事では、Stable Diffusion WebUI Forge HyperTileの使い方を詳しく解説します。

この記事で理解できること
  • Stable Diffusion WebUI Forge HyperTileの導入方法
  • Stable Diffusion WebUI Forge HyperTileの効果
目次

Stable Diffusion WebUI ForgeのHyperTileとは

Stable Diffusion WebUI ForgeのHyperTileは、Stable Diffusionのアップスケール速度を大幅に向上させる機能です。
従来のアップスケール方法よりも2倍以上高速に画像をアップスケールすることも可能になります。

HyperTile は、Stable-Diffusion U-Net および VAE モデル内のセルフ アテンション層を最適化し、初期解像度とタイル サイズに応じて、計算時間を 1 ~ 4 倍の範囲で短縮します。

git hub HyperTile

HyperTileのメリット

WebUI ForgeのHyperTileのメリットは以下の通りです。

  • 画像のアップスケール処理を高速化できる
  • 設定が簡単
  • デメリットがほぼない

HyperTileの導入方法

Stable Diffusion WebUI ForgeのHyperTileはデフォルト機能として組み込まれています。

WebUI Forgeをまだインストールしていない方は、以下の記事を参考にインストールしてみましょう。

あわせて読みたい
Stable Diffusion WebUI Forgeのインストール方法を紹介! はじめに 今回紹介するStable Diffusion WebUI Forgeは、Stable Diffusion webUI(AUTOMATIC1111)と比べると、大幅な高速化を実現したクライアントツールです。 本記事で...

HyperTileの使い方

HyperTileはtxt2img及び、img2imgで使用できます。

以降でそれぞれの使い方を紹介します。

txt2imgでHyperTileを使う方法

Hires. fixとHyperTileを併用してアップスケールします。

  • STEP1
    Hires. fix

    いつも通り、Hires. fixの設定を行います。

    • Hires. fixをチェックする
    • Upscalerを選択する
    • Upscale byで倍率を指定する
    • Denoising strengthを低めに設定する
    スライダーやチェックボックスで構成されたHires. Fixの設定画面
    Hires. fixの設定
  • STEP2
    HyperTileを有効化する

    左下に表示されている「HyperTile Integrated」をクリックすると設定項目が表示されます。

    EnabledをチェックしてHyperTileを有効にします。

    設定はTile Sizeだけで構いません。
    SD1.5系であれば512、SDXL系であれば1024に設定します。

    スライダーやチェックボックスで構成されたHyperTileの設定画面
    HyperTileの設定

    あとは画像生成するだけです。

img2imgでHyperTileを使う方法

  • STEP1
    画像をロードする

    img2imgタブに移動して、アップスケールしたい画像をドラッグ&ドロップします。

    img2imgに画像をロードしている画像
    画像のロード
  • STEP2
    アップスケールサイズを設定する

    Resize toメニューの「Width」「Height」でアップスケール後の解像度を設定します。

    画像の破綻を防ぐためDenoising strengthを低めに設定します。
    (0.2~0.4くらい)

    アップスケーラーの設定画面
スライダーで構成されている
  • STEP3
    HyperTileを有効化する

    左下に表示されている「HyperTile Integrated」をクリックすると設定項目が表示されます。

    設定方法はtxt2imgと同じです。

    あとは画像生成するだけです。

HyperTileの効果を検証

HyperTileを使用した場合にどの程度高速化されるのか、各設定値の影響を確認しました。

最初に結論からお伝えしますが、大きい画像を生成する場合に高速化の効果が増大します。
特にデメリットが無いので、アップスケールする場合はとりあえず有効化することをおすすめします。

txt2imgの効果

512×512の画像をHires. fixで3倍アップスケールした場合の結果は以下の通りです。

区分VRAM使用量生成効率生成時間
HyperTile非適用約8.6GB1.21it/s20.8sec
HyperTile適用約8.6GB2.5it/s13.4sec
屋内で猫がこちらを見ているAI写真
HyperTile非適用でアップスケールした画像
屋内で猫がこちらを見ているAI写真
HyperTile適用しアップスケールした画像

約64%まで画像生成時間が短縮されました。
また画像も特に遜色はありません。

私のPCでは2048サイズの生成は難しいので、これ以上の解像度ではテストしていませんが、
テストした結果、生成する画像のサイズが大きいほど高速化の効果がアップします。

img2imgの効果

512×512の画像を3倍アップスケールした場合の結果は以下の通りです。

区分VRAM使用量生成効率生成時間
HyperTile非適用約8.5GB1.29it/s8.1sec
HyperTile適用約8.5GB2.62it/s5.2sec
屋内で猫がこちらを見ているAI写真
参照画像
屋内で猫がこちらを見ているAI写真
HyperTile非適用でアップスケールした画像
屋内で猫がこちらを見ているAI写真
HyperTile適用しアップスケールした画像

txt2imgと同じ結果でした。

各設定値の影響を確認

HyperTileの設定値が画像にどのように影響するのか確認しました。

tile size

タイルの大きさを設定します。
モデルの学習解像度に合わせるのが基本です。

SD1.5系モデルでは512に設定します。

では半分の256に設定した場合はどうなるでしょうか・・・

屋内で猫がこちらを見ているAI写真
tile size256でアップスケールした画像

画像が破綻してしまいました。
ちなみに生成時間は512設定と同じで高速です。

次に倍の1024に設定しました。

屋内で猫がこちらを見ているAI写真

画像は問題ありませんが、生成時間がHyperTile非適用と同じになってしまいました。

swap size

字面からはタイル作成用のスワップサイズに思います。

VRAM容量やRAM容量に影響するのかと思いましたが、設定値を変えても変化なし・・・
画像生成時間も変化しませんでした。

またテストで50という大きい値にしても、生成される画像は同じでした。

ということで、swap sizeがどのように影響するのかわかりませんでした。

Max Depth

字面からはU-Netの最大Depth値を調整するように思います。

最大値の10に振ってテストしましたが、メモリ消費量、生成速度、さらには画像にも影響が見られませんでした。

Scale Depth

Scale Depthのチェックボックスですが、有効無効による影響がわかりませんでした。

ここまでのHyperTileの使い方に関してYouTube動画も投稿しています。
合わせてご参考ください。

まとめ

今回は、Stable Diffusionのアップスケール速度を大幅に向上させる機能「WebUI ForgeのHyperTile」について解説しました。

画像生成時間を早くする機能はいくつかありましたが、アップスケール速度を高速化する機能はめずらしいですよね。

お気に入りの画像が出来たらHyperTileで高速にアップスケールしてみましょう!

あわせて読みたい
Stable Diffusionを簡単に高速化できるxformersを紹介します はじめに Stable Diffusionの高速化の定番である、xformersの使い方を紹介します。 この記事で理解できること xformersのインストール方法・有効化手順 xformersを導入...
あわせて読みたい
Stable Diffusionを高速化するSDPAを紹介します はじめに Stable Diffusionの高速化では定番となるxFormersがありますが、さらなる高速化が可能となるSDPAの使い方を紹介します。 導入の仕方から、生成時間の比較結果...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次