tips

【めっちゃリアル!】2022年おすすめベース音源 3選【DTM用ベース音源編】

おすすめベース音源のアイキャッチ画像 tips
スポンサーリンク
はじめに

DTM用のベース専用音源を紹介していきます。
今回は2022年に流通している商品からおすすめモデルを3つ紹介していきます。

3つ紹介していきますが、音質、リアルな音を重視するならTrilianかMODO BASSのどちらかを選ぶと良いです。

スポンサーリンク

おすすめ度1位 SPECTRASONICS Trilian

エレキベース・アコースティックベース・シンセベース、全てのベース音をカバーできる製品です。
Trilianはベース音源では定番のモデルとなっています。

ヒューマナイザーが優れており、ベタ打ちしたMIDIデータでも人が演奏したように発音してくれる優れた音源です。

音色の幅が広いので、色々なジャンルを扱う方に一押しの音源です。

おすすめ度2位 IK MULTIMEDIA MODO BASS

通常の音源は楽器の音を録音したサンプリングベースの音源ですが、MODO BASSは初のフィジカルモデリング技術を用いた音源になります。
Trilianとは異なり、エレキベース専用の音源になります。

サンプリングベースの音源は録音データを扱うため、以下特徴があります。

インストールサイズが大きい(数GB~数100GB)
メモリ負荷が高い(大容量メモリが必要になることも)
処理負荷は軽い

対してフィジカルモデリングであるMODO BASSは以下のように逆の特徴を持っています。

インストールサイズが小さい(約250MB)
メモリ負荷が小さい
処理負荷は重い(最近のプラグインと比較すると軽め)

フィジカルモデリングなので音を作りこむことが可能ですが、エレキベースの知識が無いと求める音に近づけることが難しいです。

ちなみにMODO BASSは私も愛用しています。

MODO BASSの詳細についてはレビュー記事を投稿しているので是非ご覧ください。

おすすめ度3位 TOONTRACK EZ BASS

EZ BASSは名前の通り、簡単に扱えるベース音源です。
音はエレキベースのみで、上記TrilianとMODO BASSとは出せる音の種類は圧倒的に劣ります。

EZ BASS最大の特徴は手軽さです。
膨大なベースパターンが保存されており、好きなパターンを選択するだけで、曲に合わせて自動でいい感じに演奏してくれます。

上記のベース音源と比較しても安価な点もポイントです。

最後に

今回はおすすめのDTM用ベース音源を紹介しました。
ベースはドラムと同様に曲のボトムを支える音であり、曲の重要な部分を占めます。
リアルなベース音源使うと、曲の印象がグッと変わりますよ。
是非検討してみましょう。

Comment

タイトルとURLをコピーしました