tips

【揃えておきたい!】2021年おすすめDTM音源 3選【総合音源、マルチ音源編】

お勧めマルチ音源のアイキャッチ画像 tips
スポンサーリンク
はじめに

DTMを始めたらまずは音源を揃えなくちゃ!

と、いうことで今回はおすすめのDTMマルチ音源を3つ紹介していきます。

定番モデルを中心に紹介するので、DTMを始めたばかりで何から揃えたら良いのかわからない方は、本記事は非常に参考になるかと!

nov
nov

おすすめ順に紹介していくよ

スポンサーリンク

おすすめ度1位 Native Instruments KOMPLETE

私も愛用しているNative InstrumentsのKOMPLETEは一押しのマルチ音源です。
KOMPLETEはマルチ音源というよりか、様々な音源がバンドルされたパッケージです。

とにかく高音質で音の種類が多く、様々なジャンルに対応できます。

初めて購入する場合は高額に見えますが、バンドルされている音源が膨大なのでコスパに優れた製品です。
多くの方はこれを買っておけば満足できます。

ただロック、バンドサウンドについてはあまり充実していないのでバンドサウンドを活用したい方は別の音源をおすすめします。

KOMPLETEは4つのエディションで展開されています。
各エディションの違いについては公式サイトの比較表が解り易いです。

私的にはULTIMATEグレードがコスパが高く一番のおすすめです。

おすすめ度2位 STEINBERG HALion / HALion Sonic / Absolute

Cubaseで有名なSTEINBERGのマルチ音源です。

HALionはザ・マルチ音源といった感じで、シンセサイザーとサンプラーが合体しているプラグインです。
どちらかというとシンセ系が強い音源になっています。

HALion SonicはHALionの廉価版といった位置付けです。

AbsoluteはSTEINBERGの音源がバンドルされたパッケージになっています(HALionも入ってますよ)。
上記KOMPLETEと同じようなもので、全部入りの商品です。

おすすめ度3位 IK MULTIMEDIA SampleTank

IK MULTIMEDIAからもマルチ音源が販売されています。

私はVSTプラグインであるT-Racks系を愛用しています。

上記2社と比べると、UIのインターフェイスが悪く目的の音に辿り着くのに時間がかかるイメージです。

Sample Tankは3つのエディションで展開されています。
各エディションの比較は公式サイトの比較表が解り易いです。

廉価版となるSEはダウンロード販売のみで収録音が少なくおすすめできません。
価格差はあまり無いのでMAX版がおすすめです。

最後に

今回はおすすめのDTMマルチ音源を紹介しました。
DTMを始めて間もない方はとりあえずマルチ音源を揃えておくと非常に便利です。

沢山の音が入ったマルチ音源は専用音源と比べると安価かつ扱いやすい音が揃っているので、非常にコスパが高い商品になっています。

DAWのコントロール、作曲、音源の音の確認にMIDIキーボードは凄く便利です。
まだお持ちで無い方は「おすすめMIDIキーボード紹介」が参考になりますよ。

Comment

タイトルとURLをコピーしました