How to

今すぐ取り入れよう!AIきりたんの使い方『無料』

How to
スポンサーリンク
はじめに

AIきりたんとはNEUTRINOというシンセサイザーで使用できるAIシンガーです。
vocaloidと同じイメージで使用出来ます。
vocaloidの初音ミク、NEUTRINOのきりたん、という感じです。
しかも、かなり自然に歌ってくれて・・・
そんな素晴らしいソフトですが、なんと無料で使用できます!

下記youtubeはきりたんで試しに歌ってもらった魂のルフランです。

スポンサーリンク

概要

AIきりたんを使うにはいくつかのステップがあり、歌い出すまでに挫折してしまう方もいるかと思います。
この記事はインストールから、音出しまで説明していきます。

※今回の記事はwindows環境で説明していきます。

ダウンロード、インストール

NEUTRINO公式サイトから、本体をダウンロードします。
『Sart Now』『GET STARTED TODAY』『Download』ボタンからダウンロードできます。
macOS用とwindows用のファイルが用意されているのでお使いのPCに合わせて選択下さい。

NEUTRINO -Neural singing synthesizer
NEUTRINOはニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーです。 歌詞とメロディーを入力するだけで、簡単に歌わせることができ、本人の声質だけではなく癖・歌いまわしなども再現しています。実在の歌手に依頼するような感覚で制作を進めることができます。

ダウンロードしたファイルはzipファイルになっているので、適用な場所で解凍しましょう。
(アプリのインストールは不要です)
解凍すると下記のような構成になっています。

NEUTRINOのフォルダ構成です
NEUTRINOファイル構成

MuseScoreで楽譜ファイルの準備

NEUTRINOでは「musicxml」型式が推奨されていて、
MuseScoreという楽譜作成ソフトで作ります。
MuseScoreも無料で使用できるのでインストールしていない方は、
MUSESCORE公式サイトからインストール下さい。

無料で使える楽譜作成ソフト | MuseScore
フリーで使いやすい楽譜作成ソフトウェア「MuseScore」を使用して、楽譜の「作成」「再生」「美しい印刷」を体験しましょう。WindowsやMac、またはLinuxがインストールされたコンピュータで使用できます。

MuseScoreから全て作成することも可能ですが、NEUTRINOを使用する方はDAWを普段から使っていると思います。
その場合はDAWでmidiデータを作成し、MuseScoreで読み込む方法が手軽かと思います。
midiデータには歌詞が含まれていないので、MuseScoreで歌詞を打ち込んでいきます。

MuseScoreでの歌詞の打ち込み方法については
『MuseScoreの使い方』が参考になります。

作成したmusicxmlファイルは、
「解凍したNEUTRINOフォルダ」→「score」→「musicxml」フォルダに格納します。
※musicxmlのファイル名は半角英数にしましょう(例:dat.musicxml 等)

musicxmlの保存先はmusicxmlフォルダの中に保存します
musicxmlの保存先

バッチファイル編集

「解凍したNEUTRINOフォルダ」に「Run.bat」ファイルが格納されているので、
お持ちのテキストエディタ等で開きます。
(windowsの場合は、Run.batを右クリック→編集をクリックするとnotepadで開く事が可能です)

Run.batファイルの6行目
set BASENAME=*
*にmusicxmlのファイル名を入力します(拡張子は省きます)
(例:dat.musicxml の場合は set BASENAME=dat と入力します)

Run.batファイルの13行目
set ModelDir=*
*の初期値は「KIRITAN」になっています。
*がKIRITANで無い場合は変更下さい。

Run.batファイルのBASENAME、ModelDirを確認しましょう
Run.batファイルの編集

※AIシンガーはきりたんの他、謡子もいます、謡子を使いたい場合は
set ModelDir=*の*をYOKOに変更します

バッチファイルの実行

Run.batをダブルクリックするとバッチファイルが実行されます。
しばらく待つとコマンドプロンプト(黒い画面)が閉じるので、
「解凍したNEUTRINOフォルダ」→「output」フォルダ内の
wavファイルが出力されていることを確認しましょう。

wavファイルが出力されたら再生して確認してみましょう。
もしうまく歌えていなかった場合は、
「MuseScoreで楽譜ファイルの準備」に戻って
楽譜ファイルを修正しましょう。

最後に

AIきりたんについて解説してきました。
ちょっと行程が多く難しいかもしれませんが、
一度環境を作って実行してみればすぐに慣れるかと思います。
無料で使用出来るので一度試してみて下さい・・・クオリティにびっくりしますよ。

必見
Xfer Records OTTの使い方【無料マルチバンドコンプレッサー】EDMで必須!
シンセサイザープラグイン「SERUM」で有名なXfer Recordsから無料で提供されている マルチバンドコンプレッサープラグイン『OTT』の使い方を紹介します。
必見
iZotope Vinyl インストールから使い方紹介【手軽にビンテージサウンド作れる】リニューアル版無料配布中!
iZotopeから無料で配布されている、Vinylのインストールから簡単な使い方まで紹介します。
お得
PluginBoutiqueでの買い方、購入方法について【プラグイン購入先のおすすめ】
今回はPluginBoutiqueの使い方について紹介します。 PluginBoutiqueでは様々なメーカーのプラグインを扱っていて、クーポン等を使用し、お得に購入することが可能です。
おすすめ
IK Multimedia MODO DRUM【モデリングドラム音源】レビュー
IK Multimediaからリリースされているモデリング生ドラム音源、MODO DRUMのレビューです。
おすすめ
IK Multimedia MODO BASS 【定番生ベース音源】レビュー
リアル系ベース音源の定番となった、IK Multimedia MODO BASSのレビューです。
おすすめ
IK Multimedia T-Racks 5 ONE【お手軽マスタリングプラグイン】レビュー
T-Racks 5 に含まれるマスタリングプラグイン『ONE』のレビュー、及び簡単な使い方を紹介します。
注目
Xfer Records SERUM【EDM定番シンセサイザー】レビュー
Xfer Records のウェーブテーブルシンセサイザープラグインSERUMのレビューです。 レビューの他、簡単な使い方を紹介します。
新着
ケロケロボイスの作り方、背景にカエルとmelodyne
ケロケロボイス(ロボットボイス)の作り方とコツ
ケロケロボイス(ロボットボイスとも呼ばれる)の仕組みと作り方を解説します。
注目
意外と簡単!?トランスの作り方
いくつかのポイントを押さえるだけでTramceを簡単に作れるようになります。
注目
PsyTranceの作り方
Psy Trance【サイケデリックトランス】の作り方
Tranceの派生ジャンルである、Psy Trance(サイトランス)、Psychedelic Trance(サイケデリックトランス)の基本的な作り方を解説します。
注目
トランスで使用されるアルペジオリードの作り方【簡単に作成可能】
トランス(Trance)で多用されるアルペジオリードの作り方を紹介します。
必見
初めて作曲するジャンルで実践したこと
どんなことをすれば新しいジャンルを習得できるのか? または新ジャンルにチャレンジしたい方に、 参考になる記事を作成しました。
必見
キックが重要!4つ打ちとは ~基本リズムパターン~
ダンスミュージックでは王道となる4つ打ちの作り方を紹介します。
必見
作曲の仕方紹介・アプローチ方法
作曲したいけど何から始めれば良いのか解らない。 作曲を始めたけど、完成出来ない。 そんな悩みを解決できるよう、作曲のアプローチについて紹介します。
必見
サイドチェインダッキングのやり方
ベースとキックが被ってしまう・・・ ボーカルに深いリバーブを使うと濁ってしまう・・・ そんな悩みを解決する記事になっています。
必見
ボーカルミックス手順について
これからボーカルミックスにチャレンジする方、 やってみたいけど、どんな手順で実施しているのか解らない方向けに 記事を作成しています。
必見
ダブリングとは【ボーカルトラックテクニック】
DTMで頻繁に使われるダブリングについて解説していきます。 今回はボーカル(コーラス)トラックにiZotope Nectarを使ってダブリングします。

Comment

タイトルとURLをコピーしました