Stable Diffusionのインストール方法を紹介!【WindowsPCにローカル環境を構築する方法】 | IT技術者のDTM奮闘記
画像生成AI

Stable Diffusionのインストール方法を紹介!【WindowsPCにローカル環境を構築する方法】

stablediffusionインストール方法のアイキャッチ画像 ブロンド女性のバストアップ画像 画像生成AI

※本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

はじめに

この記事では、Stable DiffusionをローカルPC(Windows)にダウンロード、インストールする方法を紹介します。

記事に沿って作業することで、簡単にStable Diffusionを導入することが可能です。

この記事では以下のことが理解できます。

  • Stable Diffusionとは何なのか
  • Stable Diffusionを動作させるPCのスペック
  • Stable Diffusionに必要なソフトのダウンロード方法とインストール方法
スポンサーリンク

Stable Diffusionとは

ネオンで表現されたクエスチョンマーク

Stable Diffusionとは、テキストから写真のような画像を生成できる深層学習モデルです。
2022年に公開されたこのモデルは、インターネット上で話題になりました。

例えば、「青い空に白い雲が浮かぶ風景」と入力すると、そのような画像が生成されます。

またそのスタイルも多様でイラストや写真、アニメや漫画など、自分の好きなテーマでAIに描いてもらうことができます。

Stable Diffusion Web UI AUTOMATIC1111とは

今回はStable Diffusion Web UIクライアントアプリ「AUTOMATIC1111」を導入していきます。

AUTOMATIC1111はChromeなどのWebブラウザで動作するアプリで、以下の特徴があります。

  • シェアが高く、参考記事が多い
  • 拡張機能が沢山開発されており、拡張性が高い
  • 設定項目が多くカスタマイズ性も高い
nov
nov

Stable Diffusion Web UIアプリはいくつか存在するけど、拡張性の点からAUTOMATIC1111が一番おすすめです。

Stable Diffusionの推奨スペックについて

Stable Diffusionはオープンソースソフトウェアなので、PCゲームにあるような必要なスペックが明記されていません。

推奨されているスペックがあるので以下にまとめてみます。

OSWindows 10/11 64bit
CPUIntel Core-i シリーズ・AMD Ryzenシリーズ
メモリー16GB以上
グラフィックボード8GB以上

私のPCはwin10,intel10700,32GB,3060tiですが、
CPU/GPUの演算能力よりも、RAM/VRAM容量が大事に感じています。

特にVRAM容量です。
使用しているGPUのVRAMは8GBですが、12GB欲しいなと思うくらいです。
8GBでも問題はありませんが、画像生成しているとカツカツといった状況で、別の作業をしながら行うとストレスを感じます。

nov
nov

おすすめGPUはNVDIA製 12GB以上の製品だね!

AI画像生成が捗る高コスパグラフィックボード

最高の生成スピードを求めるならコレ!

最新の4000シリーズから、バランスが丁度いいグラボ!

Stable DiffusionをローカルPCにインストールする方法

Stable Diffusion(AUTOMATIC1111)の公式インストール方法はmethod 1、method 2の2つが公開されています。

それぞれ以下の特徴があります。

インストール手順メリットデメリット
method 1クリックだけで簡単にインストール可能Gitをインストールしない為、
Gitを使用してアップグレード、
ダウングレードなどが出来ない
method 2Gitをインストールするので
今後のアップデートに簡単に対応できる
インストール手順が多い
コマンド入力が必要

method 1は簡単な分、デメリットが大きいですね。

Stable Diffusionを触っていると必ずGitが必要な場面があるので、method 2でインストールしましょう。

nov
nov

順番通りに作業すれば簡単にインストールできるよ

Pythonのインストール

Stable DiffusionはPythonで動作しているので、Pythonのインストールが必要になります。

AUTOMATIC1111ではPython 3.10.6が推奨されています。

Pythonのサイトに行って、下段にある「Windows instraller(64bit)」をクリックしてダウンロードしましょう。

Windows instraller(64bit)をクリックするようハイライト表示している
Pythonのダウンロード

あとはインストーラーに従ってインストールするだけですが、一点注意があります。

↓画像のように「Add Python 3.10 to PATH」に忘れずチェックしてくだし

Add Python 3.10 to PATHをチェックするようハイライト表示している
Pythonインストール中の注意事項

Gitのインストール

Gitはファイル管理システムで、アップデートやダウングレードの際に活躍します。

Gitのサイトに飛んで、中段にある「64-bit Git for Windows Setup.」をクリックしてインストーラーをダウンロードしましょう。

64-bit Git for Windows Setup.をクリックするようハイライト表示している
Gitのダウンロード

あとはインストーラーに従ってインストールするだけです。

特に注意は必要なくNextをクリックしていくだけでOKです。

Stable Diffusionのインストール

  • STEP1
    Stable Diffusionをインストールするフォルダを作成する

    Stable Diffusion WebUIをインストールするフォルダを適当な場所に作成します。

    大きなサイズのデータを扱うので容量に余裕のあるフォルダ(ストレージ)を準備しよう

    nov
    nov

    通常モデルひとつで約2GB、SDXLモデルだと6GB以上必要になるよ。

    最低でも10GB以上のスペースを確保しよう!

  • STEP2
    作成したフォルダでPowerShellを起動する

    作成したフォルダの何も無い空きスペースでShift + 右クリックし、
    表示されたポップアップメニューから「PowerShellウィンドウをここで開く」をクリックします。

    PowerShellウィンドウをここで開くのクリックを促している
    PowerShellの起動

    PowerShellが起動すると、「PS:作成したフォルダ名>」と表示されます。

    PowerShellのコマンド表示をフォーカスしている
    PowerShell起動状態
  • STEP3
    git cloneコマンドを実行する

    PowerShellで「git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui」コマンドを実行します。

    nov
    nov

    ↓のコードをコピペしてね

    git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui
    git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webuiコマンド実行を促している
    PowerShellコマンド入力

    「PS:作成したフォルダ名>」が再度表示されたら完了です。

    PowerShellコマンド実行完了画面を表示している
PSとコマンド待ち状態が表示されている
    PowerShellコマンド実行完了

    作業フォルダ内に「stable-diffusion-webui」フォルダが作成されます。

  • STEP4
    webui-user.batを実行する

    「stable-diffusion-webui」フォルダ内の「webui-user.bat」をダブルクリックして実行します。

    webui-user.batのクリックを誘導している

    少し時間がかかりますが、完了までお待ちください。

    インストールが完了すると、Stable Diffusion WebUIがブラウザ上で起動します。

    StableDiffusion起動画面
プロンプト入力エリアが画像生成ボタンが配置されている
    Stable Diffusion WebUI起動画面

インストールお疲れ様でした。

Stable Diffusionは初期状態では英語表示となっています。
以下の記事で、日本語表示に変更する方法を紹介しているのでご参考ください。

Stable Diffusionではモデルを使用して好みの画像を生成します。
モデルのインストールについては↓の記事で解説しているので、ご参考ください。

ここまでの手順についてyoutube動画としても投稿しています。
インストールから簡単な画像生成までを解説しているので、合わせてご参考ください。

Stable Diffusion WebUIを複数インストールしたい場合は

Stable Diffusion WebUIを複数インストールしたい場合は、上記インストール手順を別のフォルダで実行するだけです。

PythonとGitは改めてインストールする必要は無いのでスキップしてください。

nov
nov

SDXLでは専用のLoRAが必要となるので、SDXL環境とSD1.5環境で分けることをおすすめするよ。

2回目以降のインストールでは、
「webui-user.bat」実行前に「models」→「Stable-diffusion」フォルダにモデルを保存しておけば、モデルダウンロードシーケンスをスキップして時間短縮が可能です。

Stability AIのフラッグシップモデル「SDXL」について詳しく知りたい方には↓の記事が参考になります。

SDXLを扱う場合は、軽量なクライアントアプリFooocusもおすすめです。
Fooocusのインストール・使い方については↓の記事が参考になります。

Stable Diffusionがインストールできない場合

Stable Diffusionのインストール中にエラーの発生などで、正常にインストールできない場合があります。

以下のエラーが発生した場合には、以下手順に沿って対処してください。

「PowerShellウィンドウをここで開く」が表示されない場合

Stable Diffusionのインストール STEP2で、Shift + 右クリック押下時に「PowerShellウィンドウをここで開く」が表示されないことがあります。

この場合には、以下対策が有効です。

PowerShellを通常起動し、cdコマンドでインストールしたいフォルダに移動する

windowsのスタートメニューもしくはwindowsの検索バーからPowerShellを起動します。

PowerShellが起動したら、「cd Stable Diffusioをインストールしたいフォルダのフルパス」と入力してエンターキーで実行してください。

例として、「G:\sd\sdbuf」にインストールしたい場合には、「cd G:\sd\sdbuf」を入力します。

cdコマンド実行を促している
cdコマンドでインストールしたいフォルダに移動する

cdコマンド実行後に「git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui」コマンドを実行してください。

git bash hereを使用する

PowerShellの他、gitの機能でもローカル環境の構築が可能です。

  • STEP1
    Open Git Bash hereをクリック

    Stable Diffusioをインストールしたいフォルダの空きスペースで右クリックし、「Open Git Bash here」をクリックします。

    pen Git Bash hereクリックを促している
    pen Git Bash hereの実行
  • STEP2
    git cloneコマンドの実行

    gitのウィンドウが起動したら「git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui」コマンドを実行します。

    git cloneコマンドの実行

    再度、$マークが表示されたら完了です。

    コマンド完了

    ウィンドウは閉じて問題ありません。

webui-user.bat実行時に「exit code: 9009」が表示されてStable Diffusionが起動しない

Pythonへのパスが通っていない場合に表示されるエラーコードです。

Pythonのインストール時に、「Add Python 3.10 to PATH」のチェックを忘れていることが原因です。

以下の手順でエラーを解消できます。

  • STEP1
    Pythonのインストーラーを起動する

    もう一度Pythonのインストーラーを実行する。

  • STEP2
    Modifyを実行する

    Modifyをクリック→Nextをクリックする。

    Modifyのクリックを促している
  • STEP3
    Add Python to enviroment variablesをチェックする

    「Add Python to enviroment variables」をチェックしてInstallをクリックする。

    Add Python to enviroment variablesのチェックを促している

    インストールが完了したら、失敗したWebUIの環境を一度削除して再度「Stable Diffusionのインストール STEP1」からやり直してください。

    これでもエラーが解消されない場合は、Pythonをアンインストールして、再度Pythonをインストールすればエラーが解消されることがあります。

AI画像生成は余裕を持ったストレージ容量がおすすめ

AI画像生成では思った画像が生成できないことが多々あるので、テスト用の画像を沢山生成します。

また、モデルデータも数GBのデータ容量なのでデータ保存先となるストレージは大容量のHDDやSSDがおすすめです。

容量を求めるならHDD、読み込み/書き込みスピードもある程度欲しい場合はSSDを選択しましょう。
(SSDの方がスピードと静音性(無音です)に優れます)

高い信頼性かつ大容量でランキング上位の常連HDD、AI画像生成にぴったり!

高速かつ大容量SSDでAI画像生成もノンストレス!

大容量かつ超高速なM.2 NVMe SSD、AI画像生成で更なるスペックを求める方に

ノートPCで増設するなら高速なSSDです

ノートPCで増設したいけど価格を抑えたい方におすすめ!

スポンサーリンク

最後に

Stable DiffusionをWindowsPCにインストールする方法を紹介しました。
思い通りの画像を生成するのって凄く楽しいですよね。

まだStable Diffusion WebUIの使い方に慣れていない方のために↓の記事を作成しました。
インストール直後で、操作が分からない場合はご参考下さい。

注目
セーターを着た日本人女性のAI写真
Stable Diffusionの使い方・記事まとめ【Stable Diffusion WebUIの使い方】
Stable Diffusion関連の記事が増えてきたので、使い方に関する記事をまとめました。
注目
黒髪のアニメ調女性のAIイラスト
Stable Diffusionのアニメ系イラストが得意なモデル8選!
アニメ調のイラストが得意なStable Diffusionのおすすめモデルを紹介していきます
注目
黒のロングヘアー女性のAIイラスト
美少女2次元イラストに最適なモデル5選!!【Stable Diffusion モデル紹介】
2Dイラストに最適なStable Diffusionのおすすめモデルを紹介していきます。
注目
金髪のサイボーグボディの女性のAI写真
Stable Diffusionのリアル・実写系が得意なモデル5選!【Stable Diffusion モデル紹介】
リアル・実写系に最適なStable Diffusionのおすすめモデルを紹介していきます。
注目
ショートヘアー日本人女性のAI写真
Stable DiffusionのおすすめNSFWモデル8選!!【最新版】
NSFW画像の生成が得意なStable Diffusionのおすすめモデルを紹介していきます。
注目
オフィスに立つ日本人女性のAI写真
SDXLベースでNSFW画像が生成できるおすすめモデル10選【Stable Diffusionモデル紹介】
SDXLベースモデルでNSFWコンテンツに特化したモデルを紹介していきます。
注目
コートを着た日本人女性のAI写真
Stable Diffusionのおすすめモデルを用途別に紹介するよ
Stable Diffusionで使用できるおすすめモデルを用途別に紹介していきます
注目
侍姿の女性のAIイラスト
ComfyUIのインストール手順を画像付きで解説【軽量、高速なStable Diffusionクライアント】
Stable Diffusionの軽量・高速なクライアントComfyUIのインストール手順を紹介します。
注目
茶髪女性が町中に立っているAI写真
【簡単】Fooocusのインストールと使い方を紹介します!
Fooocusのインストールから簡単な使い方を解説していきます。Fooocusは数あるStable Diffusion WebUIの中でも、軽量かつシンプルなクライアントアプリです。
注目
タートルネックを着た黒髪女性のAI写真
Stable Diffusionを高速化するSDPAを紹介します【Stable Diffusion WebUIの使い方】
高速化が可能となるSDPAの使い方を紹介します。

Comment

タイトルとURLをコピーしました