機材レビュー(PC・ガジェット)

I-O DATA EX-LDGCQ241DB ちょうどいいWQHDゲーミングモニターレビュー

機材レビュー(PC・ガジェット)
スポンサーリンク
はじめに

I-O DATAの ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCQ241DBのレビューです。

スポンサーリンク

I-O DATA EX-LDGCQ241DB 基本スペック

パネル
パネル 23.8ワイド ADS(非光沢)
解像度 WQHD(2560×1440)
画素ピッチ 0.2058mm
周波数 24~60Hz(垂直)
視野角 178°(上下左右)
応答速度 14ms(GTG),8ms(OD1モード),5ms(OD2モード)
コントラスト比 1000:1

入力
入力端子 HDMI×3,DisplayPortx1,USB(メンテナンス用)
スピーカー 2W×2(ステレオ)
ヘッドフォン端子 3.5mm×1

スタンド
画面チルト 上30°,下3°
画面スイベル 65°(左右)
高さ調整 110mm
ピボット 90°(右回転)

その他・外装
VESAマウント 有(100mm)
外形 541×46× 323mm(モニタ)
重量 3.7kg(モニタ),6.3kg(スタンド込み)

I-O DATA公式サイト

I-O DATA EX-LDGCQ241DB 外装

モニタ裏面

vasaマウント有り、入力端子が備わります

裏面に入力端子が集約されています。
左から電源、HDMI×3、DP、3.5mmジャック、USBです。

USBは入力端子ではなくメンテナンス用で、恐らくファームウェアアップデート等に使用するのでしょう。

VASAマウントは100mmピッチです。

左下に物理ボタンが配置されています。
表示設定を物理ボタンもしくは、リモコンで可能です。

スタンドベース

スタント表面はヘアラインのような表面処理有り
ポールへの取り付けは手締めのボルト一本で行う

ベース部は金属プレートが全面に配置されており、剛性が非常に高いです。
また、組み立てる際は裏面のボルトを手で絞めるだけで、工具は不要です。

スタンド使用時

スタンドを最大に伸ばした状態
スタンドを縮めた状態

スタンド使用時、モニタ底面から地面までの高さが(地上高)、最大で約210mm、最低で約100mmです。
かなり低い位置にモニタを調整できます。

スタンドのチルト角

下向きチルト
上向きチルト

付属品

付属品一覧、DPケーブルも付属する

左から取説、リモコン、DPケーブル、電源ケーブルが付属します。

I-O DATA EX-LDGCQ241DB を使ってみて

ADSパネルなので、IPS同様に発色が綺麗で視野角が広いです。
GigaCrystaはゲーミングブランドではありますが、EX-LDGCQ241DBは応答速度(最大5ms)にリフレッシュレート60Hzなので、どちらかというとクリエイター向け、作業用途に向いたモニターです。

応答速度はアクションゲーム等でも問題の無い範囲に収まっています。
ゲームプレイでも支障は感じません。

モニタ解像度はWQHDでドットピッチは0.2058mmになります。
私の視力(1.0前後)では文字が読める限界のドットピッチです。

24インチで4Kモニタとなるとドットピッチが約0.138mmになるので、等倍表示の場合多くの方は文字が読めないです。
私的には24~27インチで作業領域を多くとる場合、WQHDがベストと考えています。

GigaCrystaシリーズは安価ですが、高品質なスタンドが付属します。
チルトは多くのスタンドで可能ですが、スイベル、ピボット(縦モニタ)も可能です。
また、高さ調整は110mmで段階調整ではなくリニア調整です。
モニターアームを使用しない場合でも、好みのアングルに調整可能な点はポイント高いです。

リモコンが付属する点もGigaCrystaシリーズの特徴です。
GigaCrystaシリーズは表示モードが複数用意されており、ゲーム用、PC用等、用途別にディスプレイ設定を保存、読み出しが可能です。
設定の変更やモード切替でボタンを押す回数が他モニターと比べると多いのですが、リモコン採用により簡単に設定変更可能です。

付属する専用リモコン
付属する専用リモコン

設定項目で一番関心する点として、電源LEDの輝度変更があります。
モニターによっては電源LEDが明る過ぎるモデルもありますが、GigaCrystaシリーズは輝度変更が可能です。
非常に地味ではありますが、使い手のことが良く考えられているモニターです。

モニター右下の青色電源LED
電源LEDは輝度調整、オフすることが可能

もちろん輝度だけではなく、電源LEDをオフすることも可能です。

スピーカーがついていますが、お世辞にも音質は高くありません。
とりあえず聞こえるといったぐらいなので、期待しない方が良いです。

I-O DATA EX-LDGCQ241DB を購入した理由

昔からデュアルモニターで運用していましたが、DTMや記事作成の際に作業領域不足を感じて、モニターを増設しました。

メインモニターはGigaCrystaのGCQ241XDBを使用していたので、仕様の近いLDGCQ241DBを選択しました。
これでメインWQHD、サブ1 WQHD、サブ2 FHDのトリプルディスプレイになりました。

デスクトップ作業スペース
ディスプレイ3枚にモニタースピーカー有
ディスプレイはFHD一枚にWQHD2枚

作業は非常に快適になりました。
DTMでいうと、サブにミキサー、プラグインを立ち上げて、メインでピアノロール等、作曲しながら編集が可能なので特にEDMに重宝しますね。

良い点ばかりでしたが、少し悪い点が・・・

GigaCrystaモニターを複数使用する場合に注意点があります。
モニターの受光範囲が広いせいか、リモコンを操作すると複数のモニターが反応してしまいます。

チャンネル設定等、反応するモニターを固定できると便利なんですけどねぇ。

最後に

今回はI-O DATA EX-LDGCQ241DBをレビューしました。
安価でバランスの良いモニターです。
特にアームを使わない方には、スタンド調整が秀逸なのでおすすめです。

必見
自作PCに必要なもの・必須パーツ【初心者向け各PCパーツ紹介】
自作PCを作ってみたい、チャレンジしたいけどどんなパーツ・部品が必要か解らない・・・ そんな方の悩みを解決できる記事になっています。
注目
自作PCのメリットってある?~今どきのPC選択~
”自作PC”のメリットを紹介します。 私のPCの用途は主にDTMなので、DTMer目線で見ていきます。
おすすめ
WD Blue SN550外観、PCBにRAMチップが実装されている
WD Blue SN550 NVMe M.2 SSD 1TB WDS100T2B0C【高コスパSSD】レビュー
Western DigitalのスタンダードモデルブランドWD Blue SN550のNVMe M.2 SSD 1TBモデル『WDS100T2B0C』をレビューしていきます。
おすすめ
Razer Viper 軽量ゲーミングマウス【クリエイターにもおすすめ】レビュー
Razerの軽量有線ゲーミングマウス Viperのレビューです。
おすすめ
ZOTAC GeForce RTX 3060 Ti Twin Edge【おすすめミドルクラスグラボ】レビュー
ZOTACのRTX 3060 Tiグラフィックボード ZT-A30610E-10Mのレビューになります。
おすすめ
MF120halo 3in1パックとファン本体の写真
COOLER MASTER MasterFan MF120 Halo【魅せるPCに使いたいARGBケースファン】レビュー
COOLER MASTERのARGBケースファン、MasterFan MF120 Haloのレビューと、簡単な使い方を紹介します。
おすすめ
corsair 4000D airflowの写真
Corsair 4000D Airflow Tempered Glass ミドルタワーPCケース レビュー
CorsairのミドルタワーPCケース4000シリーズからフロントメッシュパネルモデル、4000D Airflow Tempered Glassのレビューです。
おすすめ
gammaxx l240 argb点灯状態、紫に発光
DEEPCOOL GAMMAXX L240 A-RGB 実機レビュー【DP-H12CF-GL240-ARGB】簡易水冷CPUクーラー
DEEPCOOLの240mm ARGB 簡易水冷CPUクーラー、GAMMAXX L240 A-RGBのレビューです。
おすすめ
I-O DATA EX-LDGCQ241DB ちょうどいいWQHDゲーミングモニターレビュー
I-O DATAの ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCQ241DBのレビューです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました