【光速!?】Stable Diffusionの常識を覆す!SDXL-Lightningで生成時間を大幅短縮

オフィスでスーツを着た女性のAI写真

はじめに

Stable Diffusionの画像生成時間に悩んでいる方、いらっしゃいますか?
こんにちは!novです。

画像生成するなら、生成時間が速いことに越したことはないですよね。
SDXL Lightningを使えば簡単に2倍以上の高速化が可能になるんです。

この記事では、SDXL Lightningチェックポイントモデルの使い方を解説します。

この記事で理解できること
  • SDXL Lightning Loraの使い方
  • SDXL Lightning Loraの各設定値が画像にどのような影響を与えるのか
目次

SDXL Lightningとは

SDXL LightningはSDXLをベースに低ステップでも高画質な画像が生成できるモデルです。

今回紹介するのはチェックポイントモデルですが、様々なモデルに使用できるLoRAモデルも公開されています。

あわせて読みたい
【高速生成】Stable Diffusionに「SDXL Lightning Lora」を導入すれば、生成時間が半減に!? はじめに Stable Diffusionで画像生成を楽しんでいるみなさん、こんにちは!novです。 もっと高速に画像生成したいですか?そんなときは、SDXL Lightning Loraを導入し...

SDXL Lightningの導入方法

チェックポイントモデルはHugging faceで公開されています。

モデルは生成ステップ数別に4種類が公開されています。

  • sdxl_lightning_1step_x0.safetensors
  • sdxl_lightning_2step.safetensors
  • sdxl_lightning_4step.safetensors
  • sdxl_lightning_8step.safetensors

とくに1stepモデルが気になるかと思いますが、実験段階のモデルなのでおすすめしません。

画質と速度のバランスに優れた個人的におすすめのモデルは8stepモデルです。

チェックポイントモデルの使い方やインストール方法については、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
Stable Diffusion WebUIのモデルの入れ方を解説するよ【Stable Diffusion WebUIの使い方】 はじめに みなさんこんにちは!novです。Stable Diffusionで画像生成楽しんでますか? Stable Diffusionは、AIによる画像生成ツールで、モデルを使えば、サムネイルのよ...

SDXL Lightningチェックポイントモデルの使い方

基本的にその他チェックポイントモデルと使い方は変わりませんが、
画像生成時に以下の設定を行います。

  • ステップ数を減らす(おすすめは8step)
  • サンプラーをEulerに設定
  • スケジューラをsgm_uniformに設定する
  • CFGスケールを下げる(おすすめは1~3)

SDXL Lightningを使用するにはサンプラーとスケジューラの設定が必要になりますが、
AUTOMATIC1111系はサンプラーとスケジューラを別々に設定できません。

本格的にSDXL Lightningを使うのであれば「ComfyUI」をインストールしましょう。
ComfyUIのインストール方法は以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
ComfyUIのインストール手順を画像付きで解説【軽量、高速なStable Diffusionクライアント】 はじめに この記事はComfyUIをインストールしたい人向けに、画像付きで手順を解説しています。 また、ComfyUIの特徴や、StableDiffusionクライアントとしての利用方法に...

SDXL Lightningの使い方に関してYouTube動画も投稿しています。
合わせてご参考ください。

SDXL Lightningの画像生成結果

WebUI ForgeでSDXL Lightningの各パラメータを変更して、どのような画像が生成されるのか調べました。

Step数とCFGスケールの影響

各モデルで、Step数とCFGスケールを変更して画像生成しました。

ブロンドヘアー女性のAI写真Step数とCFGスケール別に画像が並んでいる
2stepモデル
ブロンドヘアー女性のAI写真Step数とCFGスケール別に画像が並んでいる
4stepモデル
ブロンドヘアー女性のAI写真Step数とCFGスケール別に画像が並んでいる
8stepモデル

CFGスケールについては1がおすすめですね。

ステップ数については各モデル値と同じでよいですが、2stepモデルは使えませんね。

サンプラーについて

AUTOMATIC1111系で使えるサンプラーがあるのか調べました。

結果からお伝えしますと、おすすめはEuler a、LCM、DDPMです。

ブロンドヘアー女性のAI写真サンプラー別に画像が並んでいる

AUTOMATIC1111でLCMサンプラーを使用したい場合は、以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
LCM samplerをStable Diffusionに追加する方法 はじめに Stable DiffusionのLCM-LoRAに最適なLCM samplerを追加する方法を紹介します。 この記事で理解できること LCM samplerの入手方法 Stable Diffusion WebUIでLCM...

ComfyUIを使った場合

先程紹介した通り、ComfyUIはサンプラーとスケジューラを別々に設定できるので、SDXL Lightningを使う場合には最適なツールです。

各モデルで生成した結果は以下の通りです。
(1stepは実験段階かつ特別な設定が必要なので省いています)

ブロンドヘアー女性のAI写真
2stepモデルで2step生成
ブロンドヘアー女性のAI写真
4stepモデルで4step生成
ブロンドヘアー女性のAI写真
8stepモデルで8step生成

いかがでしょうか。
ComfyUIで適切に設定すれば2stepでも高画質ですよね。

4stepではディテールも細かく、十分使えるレベルですね。

まとめ

今回は、SDXL Lightningチェックポイントモデルを紹介しました。

サンプラーとスケジューラを適切に設定しないと画質が悪いので、常用するには「ComfyUI」を導入したほうが良いですね。

AUTOMATIC1111やForgeを使う場合は、Lightning LoRAをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次