機材レビュー(PC・ガジェット)

エレコム メカニカルゲーミングキーボード TK-G01UKBK【茶軸採用、 クリエイターにもおすすめ】レビュー

TK-G01UKBKキーボード本体画像 機材レビュー(PC・ガジェット)
スポンサーリンク
はじめに

ELECOMのメカニカルゲーミングキーボードTK-G01UKBKのレビューです。

スポンサーリンク

エレコム TK-G01UKBK 基本スペック

キー配列 JIS91キー
キーピッチ 19mm
キーストローク 4mm

ケーブル長 2m
サイズ 幅366.3mm 奥行142.6mm 高さ37mm(スタンド使用時52.5mm)
重量 約976.8g

ELECOM公式サイト

エレコム TK-G01UKBK 外装

前面

背面

側面

スタンドの調整機構はありません。
開く⇔閉じるのみです。

付属品

キーキャップリリースと、ゲーミングキーキャップ8つが付属しています。
ゲーミングキーキャップは表面が凸凹に処理されています。

エレコム TK-G01UKBK 特徴

・茶軸採用
クリック感が少しあり、音が若干静かなオーソドックスなメカニカルキーです。
打鍵音は高域が抑えられた音で、それほど気になりません。

・ゲーミングモード搭載
エレコムキーを押すと、windowsキーとメニューキーが無効になります。

エレコムキー、エレコムのロゴマークが印字されている
エレコムキー

・全キーロールオーバー対応
全キーの同時入力に対応しています。

・アクチュエーションポイント
約2mm押し込むとキーが反応します。

・テンキーレスキーボード
テンキーが無いのでコンパクトです。
マウスの操作領域を広くできる点、
ホームポジションからマウスの移動距離を短くできます。

・安価
ゲーミングメカニカルキーボードの場合、1万円~2万円がメインの価格帯ですが、エレコム TK-G01UKBKは約6000円で購入可能です。

エレコム TK-G01UKBK 使い勝手

ライティングが無い地味なキーボードではありますが、ゲーミングキーボードとしては基本的な仕様を持つモデルです。
スイッチはオーソドックスな茶軸で、青軸と比べると大分静かなスイッチです。

なんといっても一番の魅力はJISテンキーレスメカニカルキーボードで安価であること。
そのお値段なんと約6000円!

ゲーミング用途で気になる点は、アクチュエーションポイントが標準的な約2mmであることです。
ポジティブにいうと、タイピングミスが少なくなります。
ネガティブにいうと、反応が遅いです。

ゲーミング用として販売されていますが、私的にはクリエイターや作業向けに適したキーボードに感じました。
メリットを列挙すると

  • コンパクトな筐体により、机が広く使える
  • コンパクトな筐体により、右手マウスとホームポジションの移動距離が少ない
  • 適度な打鍵感、キーピッチ、標準的なアクチュエーションポイントにより、タイプミスが少ない

こんな感じで仕事で使う際、疲労が軽減するのでおすすめです。

最後に

今回はエレコムのゲーミングメカニカルキーボード TK-G01UKBKをレビューしました。
ゲーミング用キーボードとしては基本的な仕様を持ち、非常に安価なキーボードです。
ゲーム用途以外にも、疲労を減らす目的でおすすめのキーボードです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました