機材レビュー(PC・ガジェット)

【マスター出来るか!?】Razer Huntsman Mini 打ち心地、静音性共に抜群! 60%キーボードを実機レビューだ

huntsman miniのアイキャッチ画像 機材レビュー(PC・ガジェット)
スポンサーリンク
はじめに

コンパクトな60%キーボード Razer Huntsman mini(リニアオプティカルスイッチ)のレビューです。
TKLやフルサイズキーボードをディスプレイの中心に置くと、ホームポジションが左にオフセットしてしまうので60%キーボードを導入しました。

スポンサーリンク

Razer Huntsman Miniの基本スペック

キースイッチ Razerオプティカルスイッチ クリッキー/リニア
キー耐久性 1憶回
押下圧 45g(クリッキー)/48g(リニア)
アクチュエーションポイント 1.5mm(クリッキー)/1.2mm(リニア)
キーキャップ ダブルショットPBT
キー配列 日本語/US
Nキーロールオーバー 対応
アンチゴースト 対応

接続方式 有線(着脱式USB-TypeC)
筐体素材 アルミ
サイズ 10.3 x 29.3 x 3.7 cm
重量 460g

色 Black/Mercury White

Razer公式サイト

私は白色のリニアオプティカルスイッチを購入しましたが、その他、黒色、キースイッチ違いのクリッキーオプティカルスイッチの組み合わせもあります。
また、日本語配列の展開もあります。

Razer Huntsman Miniの外観

外箱

表面は白基調のデザイン
表面

裏面は黒基調のデザイン
裏面

付属品

取説は黒色、その他は白色
取説等

USBケーブルは白色
USBケーブル
  • マニュアル
  • ウェルカムカード
  • ステッカー
  • USBケーブル

以上が付属していました。

USBケーブルは編み込みケーブルですが、マウス用のそれとは違い太さ約5mmでかなり硬いケーブルでした。

PC接続コネクタはType-Aで、本体接続コネクタはType-Cになっています。
Razerの定番ですが、コネクタ内部は緑色になっています。

PC接続側コネクタはUSB-typeA
PC接続側コネクタ

キーボード接続側はUSB-typeC
キーボード接続側コネクタ

本体

本体表面はキー以外配置されていない
表面

裏面も非常にシンプルで、4隅に滑り止めが貼られている
裏面

本体デザインは非常にシンプルです。
キーが配置されている表面にはキー以外の加飾はありません。
本体前面の中央付近にRAZERの刻印があります。

側面にRazerの刻印有り、色がはいっていないので目立たない
側面の刻印

60%キーボードの為、2次機能についてはキーキャップ側面に印字されています。
(2次機能部分は印字のため、LEDの光は透過しません)

キーキャップ側面に2次機能がグレー色で印字されています
キーキャップ側面に2次機能の印字あり

キーキャップはダブルショットPBTです。
キートップ部分は成型色(半透明)なので摩耗で消えてしまうことはありません。

チルトスタンドは6°と9°の2段階の調整が可能です。

チルトスタンドを閉じた状態
チルトスタンド(閉)
小さいチルトスタンドを開くと6°の角度になる
先端にも滑り止めラバーが貼られている
チルトスタンド(6°)
2つ目のスタンドを開くと9°の角度になる
先端にも滑り止めラバーが貼られている
チルトスタンド(9°)
チルトスタンドを閉じた状態
この状態でもキートップは手前に傾斜している
チルトスタンド(閉)
6°の傾斜を側面から写している
チルトスタンド(6°)
9°の傾斜を側面から写している
この状態で使う方が多い
チルトスタンド(9°)

Razer Synapseについて

synapseのメイン画面ではrzerデバイスが表示される
synapseのメイン画面
プロファイルの追加はプロファイルの右隣りの・・・ボタンを押下する
プロファイルの追加
SDカードのようなボタンを押すと内臓メモリの管理が可能
内蔵メモリ

Razer SynapseでHuntsman miniの各種設定が可能です。
設定したデータはプロファイルと呼ばれ、本体の内臓メモリには4スロット保存することが可能です。

キーのカスタマイズ

キーのカスタマイズ画面
キーを選択するとハイライト表示される
キーカスタマイズ画面

windowsキーとfnキー以外のキーの機能を別の機能に変更することが可能です。

ゲーミングモード

ゲーミングモードはゲーム中に使わないキー操作を無効化することが出来ます。
ゲーミングモード自体は「ゲーム内で有効化」を選択しておくとゲーム中のみ有効になるので便利です。

無効化できるキーは

  • windowsキー
  • Alt + Tab
  • Alt + F4

以上です。
また、それぞれのキーの有効/無効が選択可能です。

ライティング

スライダーやチェックボックスで直感的に操作可能
ライティング設定画面

本体のライティング設定が可能です。

  • 明るさの調整
  • ライティングオフ設定(スリープモードのイメージ)
  • 光り方の設定

が可能です。

光り方についてはCHROMA STUDIOで細かい設定が可能です。

専用画面でCHROMA STUDIOの設定が可能
こちらも直感的なUIとなっている
CHROMA STUDIO設定画面

Razer Huntsman Miniを使ってみて