ライフハック

写真が綺麗に撮れない? そんなときは撮影背景シートとレフ版を使って簡単、綺麗に物撮りだ!!

ピンクの背景シートにフェイクグリーンを置いたアイキャッチ画像 ライフハック
スポンサーリンク
はじめに

屋内で小物を撮影するときに、部屋の生活感が出てしまったり、影が出来て綺麗に撮れないことはありませんか?
今回はそんな悩みを解決する方法を紹介していきます。

この記事を読むと

  • 屋内での小物撮影が綺麗に撮れるようになる
  • 出費は最低限
  • 誰でも実行可能

こんな感じでコスパ高く、綺麗な写真が撮れるようになります。

スポンサーリンク

使用するアイテム

撮影背景シート

ピンクの背景シートの上にコスメが置かれているパッケージ
パッケージ表面
裏面には背景シートの使い方が印刷されている
パッケージ裏面
背景シート

小物を撮影するときに使用する背景が描かれた紙になります。
紙なので色々な模様が印刷されていて、被写体に合わせて選択可能です。

私はエレコムの背景シートを購入しました。

木目の描かれたシートはグッとお洒落な印象になりますよ。

レフ版

透明のビニール袋に梱包されている
パッケージ
A3折り畳み形状でアルミ面と黒色面になっている
表面
裏面は白色の無地になっている
裏面

私が選択したものは銀/白/黒色の商品です。

レフ板は光を反射する板です。
といっても鏡ではなく、あわ~く光を反射します。

被写体の影となる位置に当てれば、全体がくっきり見えるように。
見せたい部分に当てれば、メリハリの利いた写真が撮れますよ。

屋内の小物を撮影するために、小型(A3)のレフ板を用意しました。
この商品はA3の厚紙が2枚折られていて、片方は通常のレフ版、もう片方は黒色になっています。

撮影背景シートとレフ版を実際に使用してみた

キーボード撮影にレフ版を使ってみた

手前に光源が有る場合(シーリングライトや照明等)、手前が明るく、奥が影で暗くなります。

この状態にレフ版を使うと↓のような写真が撮れます。

黒色のキーもくっきり見えている
レフ版(反射面)使用

キーボードの奥までくっきり見えるでしょう。
影になっているのはキーとキーの間だけですね。

さらにレフ版を裏返しにして黒色の面を当てると↓

全体が暗っぽく、黒色のキーが黒潰れしている
レフ板(無反射面)使用

かなり暗くなりましたね。
特に左側の黒いキーはほとんど見えません。

別の角度からもう一度撮ってみました。

影が多く黒色キーは黒潰れしている
レフ板(無反射面)使用
黒色のキーもハッキリ見える
レフ版(反射面)使用

やっぱりレフ版を使うと全体が見やすくなりますね。

撮影背景シートを使ってみた

黄色の背景シートの上にフェイクグリーンとキーボードを置いている

単色のシートを使ってみましたが、シンプルでお洒落な印象になりました。
単色の背景シートを使うと被写体を際立たせることが出来ますね。
物撮りでは凄く重宝しますよ。

この記事のアイキャッチ画像も同じ背景シートで作成しています。

良いことばかりに感じますが、安価な背景シートはA3サイズなので大きな被写体では使えません。
撮影するときの画角についても、拝啓シートの外が写らないように調整する必要があります。

最後に

今回は撮影背景シートとレフ版を使って綺麗な写真を撮る方法を紹介しました。
紹介した背景シートはA3サイズなので大きい物は撮れませんが、非常に安価なので気になったら即ポチしておきましょう!

Comment

タイトルとURLをコピーしました