AUTOMATIC1111 Ver1.7の新機能を徹底解説!

StableDiffusionWebUIのホーム画面の画像

AUTOMATIC1111の最新バージョンであるVer1.7が、2023年12月20日にリリースされました。
Ver1.7では、さまざまな新機能が追加され、さらに便利に進化しました。

本記事では、Ver1.7の特徴と新機能を徹底解説します。

AUTOMATIC1111をすでに利用している方も、これから導入を検討している方も、ぜひ本記事を参考にして、新機能を活用して作業を効率化しましょう。

この記事で理解できること
  • AUTOMATIC1111 Ver1.7へのアップデート方法
  • AUTOMATIC1111 Ver1.7の特徴
  • AUTOMATIC1111 Ver1.7の新機能
目次

AUTOMATIC1111 Ver1.7とは

「AUTOMATIC1111 Ver1.7」とは、高度な画像生成において高い評価を得ているStable Diffusionクライアントアプリです。

このツールは、画像生成AI『Stable Diffusion』のローカル版であり、最新版では、設定タブの改良や新機能の追加が行われました。

設定タブには検索フィールドやカテゴリの追加、UI設定ページの分割などが含まれます。
また、新機能としては、altdiffusion-m18のサポート、LyCORIS GLoraネットワークの推論サポートなどがあります。

これらの新機能により、AUTOMATIC1111 Ver1.7はより使いやすく、高度な画像生成が可能になりました。

新機能を使いこなして画像生成していこう!

AUTOMATIC1111をインストールする方法

まだStable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)をインストールしていない場合は、以下の記事を参考にインストールしてみましょう。

あわせて読みたい
Stable Diffusionのインストール方法を紹介!【WindowsPCにローカル環境を構築する方法】 はじめに この記事では、Stable DiffusionをローカルPC(Windows)にダウンロード、インストールする方法を紹介します。 記事に沿って作業することで、簡単にStable Diffu...

AUTOMATIC1111 Ver1.7にアップデートする方法

AUTOMATIC1111のアップデート手順については以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Stable Diffusionのアップデート方法を紹介します はじめに Stable Diffusion WebUIに入れた新しい拡張機能が、動かなくて困ったことはありませんか?もしかしたらStable Diffusion WebUIのバージョンが古いことが原因の...

AUTOMATIC1111 Ver1.7 新機能の紹介

設定タブの変更

設定タブに検索フィールドが追加されています。
またメニューがカテゴリ分けされ、細分化されていますね。

検索フィールドにフォーカスしている
Settingタブ

設定項目が多かったから、検索フィールドの追加はすごく便利だね。

新しいモデルに対応

SSD-1B、SD 2.1 Turboも、やっとサポートしたんですね。

SD 2.1 Turboの使い方については以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
SD TurboをStable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)で使用する方法を紹介します【SD2.1ベースの高速生成... はじめに SD Turboモデルが公開されたので、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)で使用する方法を紹介します。 この記事で理解できること SD Turboの入手方法 Stable...

altdiffusion-m18は日本語にも対応しているようだから楽しみだね

LyCORIS GLoraをサポート

LyCORIS GLoraでトレーニングされたモデルがサポートされました。

GLoraは「Generalized LoRA」の略で、推論精度がこれまでの手法よりも向上しているようです。

興味のある方はGLoraの論文が公開されているので、参考までに。

HyperTileの最適化をサポート

U-NetおよびVAEセルフアテンションレイヤーを最適化し、画像生成を高速化できます。
高速化の効果は解像度が大きいほど高くなるようです。
(512×512程度では変わらないようです)

HyperTileは「Setting」タブ →Hypertileから設定が可能。

HyperTileの設定画面を表示している
設定項目はスライダーで構成されている
HyperTile設定画面

詳細はAUTOMATIC1111のリクエストページにあります。

「Train」→「Preprocessing」タブの機能が「Extras」タブに移動

「Trainタブ」にあった「Preprocess imagesタブ」が削除されて、「Extrasタブ」に全機能が移動しました。

Extrasタブを表示している
スライダーの他、リボンで各機能が省略表示されている
Extrasタブ

Intel Arc GPUの初期IPEXをサポート

IPEXは「Intel Extension for PyTorch」の略でPyTorchの拡張パッケージです。

これをサポートしたおかげで、Intel Arc A770を使用した場合に 512×512の画像を6it/s程度で処理できるようです。

詳細はAUTOMATIC1111のリクエストページにあります。

これでIntel Arc系も実用レベルになったかな

その他の変更

紹介した機能については影響度の高いもので、その他にもたくさんのマイナー変更やバグ修正が実施されています。

紹介した以外の変更については「AUTOMATIC1111のリリース情報」を参照ください。

まとめ

今回は、AUTOMATIC1111 Ver1.7の新機能を解説してきました。
Ver1.7では、さまざまな新機能が追加され、さらに便利に進化しました。

今後も最新情報を紹介していくので、ぜひ活用してみてください。

AUTOMATIC1111はVer1.8が公開されています。

あわせて読みたい
AUTOMATIC1111 Ver1.8が公開されました!新機能を解説します はじめに AUTOMATIC1111のVer1.8が、2024年3月2日に公開されました。 この記事では、Ver1.8の新機能を中心に詳しく解説していきます。 この記事で理解できること AUTOMA...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次