tips(movie)

YAMAHA AG03の簡単な使い方【ゼロから始める配信生活】

ag03 簡単な使い方のアイキャッチ画像 tips(movie)
スポンサーリンク
はじめに

YAMAHAのオーディオインターフェイス、AG03の使い方です。
主に初心者向けの記事になります。

スポンサーリンク

YAMAHA AG03 事前準備

先ずAG03は単体で使用出来る機材ではありません。
多くの方は配信目的で購入すると思われるので、音声収録用にマイクが必要となります。
また、配信を行う場合は配信用の端末、PCやスマートフォン、タブレットも必要です。

AG03で使えるマイク

AG03は+48vのファンタム電源に対応しているので、コンデンサーマイクと、ダイナミックマイクが使用できます。
また、接続端子はXLRとフォーンの両方に対応しています。
このようなXLRとフォーンに両対応したジャックを『コンボジャック』と呼びます。

本体左上にコンボジャックが備わっている
コンボジャック

PCで使用する場合はドライバーが必要

PCでAG03を使用する場合は、事前にドライバーをインストールする必要があります。

ドライバーはAG03公式サイトからダウンロード可能です。
システムに合ったドライバーをダウンロードしインストールしましょう。

AG03公式サイトのドライバーダウンロードリンク
ドライバーのダウンロードリンク

YAMAHA AG03 使い方

それでは順を追って説明していきます。

  • 1
    入力機器の接続

    ch1

    マイクや楽器のケーブルをAG03に接続します。

    マイクはch1に接続します。
    (ch1のみファンタム電源に対応しています)
    コンデンサーマイクを使用する場合は、ファンタム電源をONしましょう。
    もし入力レベルが高過ぎで歪んでしまう場合は隣のPADスイッチをONしましょう。

    本体左上にch1のファンタム電源スイッチとPADスイッチがある
    ファンタム電源とPADスイッチ

    ch1のゲインは大きな声を出したときにPEAK LEDが一瞬点灯するまで上げましょう。
    最終的な音量はフェーダーで調整します。
    通常フェーダーは大きな声を出した時に、本体右のPEAK LEDが点灯するまで上げます。

    ch1はGAINとフェーダーで音量調整、PEAK LEDは赤色
    ch1のレベル設定

    ch2,3

    本体の中心にch2,3のコントローラーが備わっている
    ch2,3のコントロール

    モノラルのギターは2G(ch2)に接続します。
    (パッシブピックアップ等のハイインピーダンス楽器に使用します)
    2Gを使用する場合は、GUITAR/LINE切替スイッチをONします。

    キーボード等のステレオ機器はch2のL,Rに接続します。
    2chのL,Rを使用する場合は、GUITAR/LINE切替スイッチをOFFします。

    ヘッドセット端子を使用すれば、ヘッドセットのマイクを入力機器として使用することが出来ます。

    入力レベルが高いと音が歪む可能性があります。
    その場合は、GAIN SWをON(LOW)しましょう。

    ch2の入力レベルは本体下のダイアルで調整します。

  • 2
    モニターを接続
    本体右側にモニターのコントローラーが備わっている
    モニターのコントロール

    モニタースピーカー、ヘッドフォン等を接続可能です。
    モニタースピーカー、ヘッドフォンそれぞれにモニター音量の調整が可能です。

    また、MONITOR MUTEボタンをONするとch1,2Gの音をモニターから出力されなくなります。
    (自分の声が聞こえると、喋り難い場合はミュートにしましょう)

  • 3
    端末に接続
    本体側面にPC接続用のUSB端子と外部電源用のmicro USB端子がある
    PC接続端子/外部電源

    PCに接続
    PCの場合は、付属のUSBケーブルでPCと接続するだけです。
    このときPCのポートはUSB2.0以上のポートに接続しましょう。

    タブレット、スマートフォン等に接続
    タブレットやスマートフォン等の端末に接続する場合は、多くの場合端末がUSBバスパワーに対応していないので、背面のmicroUSBポートから5V DCを入力する必要があります。
    (USB電源アダプターやモバイルバッテリーで駆動できます)

    本体の電源は右側にあります。

  • 4
    配信ソフトの設定
    配信ソフトobs studioのコントロール画面
    OBS studio

    お使いの配信ソフトで入出力デバイスの設定を行えば、配信可能です。
    ソフトにより設定が異なるので、今回はソフトの説明については割愛します。

最後に

今回はYAMAHAのオーディオインターフェイスAG03の使い方を紹介しました。
ミキサータイプなので、操作が直感的で初心者の方でも取っつき易い製品ですね。

Comment

タイトルとURLをコピーしました