【初心者向け】SVDの使い方を解説します!Stable Diffusion WebUI Forgeで動画生成を始めよう!

星を眺める女性のAIイラスト

はじめに

Stable Diffusion WebUI Forgeは、画像から短い動画が作成できるStable Video Diffusion(SVD)に対応しています。

この記事ではStable Diffusion WebUI ForgeでSVDを使用する方法を紹介します。

この記事で理解できること
  • SVDの導入方法
  • Stable Diffusion WebUI ForgeでSVDを使う方法
目次

SVDとは?

簡単にいうと、Stable Video Diffusion (SVD)は、一枚の画像から短く単純な動画を生成できます。

例えば、以下のような動画が作成できます。

  • 人物の画像:髪が揺れたり、カメラが移動したり
  • 空の画像:雲が流れる動画
  • 川の画像:川の水が流れる動画
CHECK

設定するのは動画のフレームやFPS程度で、プロンプトで動画の構図を指定することはできません。

SVDの導入方法

今回は「Stable Diffusion WebUI Forge」でSVDを動作させます。

まだStable Diffusion WebUI Forgeをインストールしていない方は、以下の記事を参考にインストールしてみましょう。

あわせて読みたい
Stable Diffusion WebUI Forgeのインストール方法を紹介! はじめに 今回紹介するStable Diffusion WebUI Forgeは、Stable Diffusion webUI(AUTOMATIC1111)と比べると、大幅な高速化を実現したクライアントツールです。 本記事で...
  • STEP1
    モデルのダウンロード

    Stable Video Diffusionのモデルは以下の3種類があります。

    • SVD:14フレーム、576×1024の動画を生成するよう学習されている
    • SVD xt:25フレーム、576×1024の動画を生成するよう学習されている
    • SVD xt1.1:25フレーム、1024×576の動画を生成するよう学習されている

    SVDではSVDモデルとイメージデコーダーの2種類のモデルが公開されています。

    SVDの場合は、「svd.safetensors」、
    SVD xtの場合は「svd_xt.safetensors」、
    SVD xt1.1の場合は「svd_xt_1_1.safetensors」をダウンロードしましょう。

  • STEP2
    モデルの保存先

    モデルをダウンロードしたら、「forgeフォルダ」→「models」→「svd」フォルダに保存します。

SVDを使って動画生成する方法

それではSVDで動画生成する手順を紹介します。

  • STEP1
    SVDタブに移動する

    WebUI Forgeの上段メニューから「SVD」をクリックします。

    SVDタブをクリックするよう促している
  • STEP2
    参照画像をロードする

    動画にしたい画像をロード(ドラッグ&ドロップ)します。

    画像をSVDにドラッグ&ドロップするよう促している
  • STEP3
    SVDモデルを設定する

    SVD Checkpoint FilenameからSVDモデルを選択します。

    スライダーやチェックポイントで構成された設定画面
    SVDの設定画面
  • STEP4
    パラメータを設定する

    以下SVDのパラメータを設定しましょう。

    • Width、Height:動画の解像度を設定する(画像の解像度に合わせたほうが無難)
    • Video Frames:動画のフレーム数を設定する
    • Motion Bucket Id:数値が高いほど、動画の動きが多くなる
    • Fps:フレームレート(フレーム/秒)を設定する
    • Augmentation Level:初期画像のノイズ量、高くすると動画の動きも増える
    • Sampling Steps:サンプリングステップ数
    • CFG Scale:CFGスケール、SVDの場合は低めに設定すると良い
    • Sampling Denoise:サンプリングノイズ除去量の調整
    • Guidance Min Cfg:Cfg最小値
    • Sampler Name:サンプラーの設定
    • Scheduler:スケジューラーの設定、サンプラーと別々に設定できるようになりました
    • Seed:シード値、一貫性を高めるために固定します
    CHECK

    Fpsを14、Video Framesを14に設定すると、1秒の動画が生成されます。

  • STEP5
    Generateをクリックする

    設定が完了したらGenerateをクリックして生成開始します。

    設定にもよりますが、SVDモデルはVRAM 約10GB、SVD xtモデルは約12GB使用します。
    また、生成時間も使用するGPU、設定によりますが10分程度は見積もっておきましょう。

  • STEP6
    動画を保存する

    生成が完了したら、再生ウィンドウ右上のダウンロードボタンをクリックすると動画を保存できます。

    ダウンロードボタンのクリックを促している

    以下はSVDで生成した動画のサンプルです。

まとめ

今回はStable Diffusion WebUI ForgeでSVDを使用する方法を紹介しました。

Forgeで使用すると最低12GB程度のVRAM容量が必要になります。
VRAMが少ないGPUを使っている場合にはComfyUIがおすすめです。

あわせて読みたい
ComfyUIでSVD(Stable Video Diffusion)を使って動画生成する方法【VRAM8GB未満でもOK!】 はじめに Stable Video DiffusionをComfyUIで使用する方法を紹介します。 ComfyUIでStable Video Diffusionを使用すればVRAM8GB未満でも動画生成が可能になります! こ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次