StableDiffusion拡張機能 | IT技術者のDTM奮闘記

StableDiffusion拡張機能

StableDiffusionの拡張機能紹介

画像生成AI

【爆速】Stable Diffusion WebUI ForgeのHyperTileで高速アップスケールする方法

Stable Diffusion WebUI Forgeの機能「HyperTile」の使い方を紹介します。HyperTileを使用すればアップスケール時の画像生成時間を高速化できます。使い方も簡単でtxt2imgのHires. fixとの併用や、img2imgでアップスケールする際にHyperTileを有効化するだけです。
画像生成AI

【失敗無し】Stable Diffusion Photomakerで同じ顔の人物を確実に生成するテクニック

今回はStable Diffusion WebUI Forgeで使える「Photomaker」という機能で、同じ顔の人物を生成する方法を紹介します。通常、人物を維持して画像生成するには事前学習(LoRAなど)が必要ですが、Photomakerでは1枚の画像だけで学習不要です。
画像生成AI

【最新】Instant IDをStable Diffusion WebUIで使用する方法を紹介!

Stable Diffusionの拡張機能「ControlNet」の「Instant ID」を使用して、参照画像と同じ顔を生成する方法を解説します。Instant IDを使用すれば2枚の画像を設定するだけで、画像生成する際に顔の特徴を維持することができます。
画像生成AI

【必見】IP-Adapter-FaceID-Portraitの使い方を紹介【手軽に同じ顔の人物を生成できるFaceID】

Controlnet IP-Adapter-FaceID-Portraitを使って、同じ顔の人物を生成する方法を紹介します。IP-Adapter-FaceID-PortraitはLoRAは使用せず、Controlnetモデル単体でFaceIDが使える機能です。LoRAの設定が無い分、手軽にFaceIDが使える点が特徴です。
画像生成AI

【驚愕】Stable Diffusion WebUIでIP-Adapter-FaceIDを使って同じ顔の人物を生成する方法

Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)でIP-Adapter-FaceIDを使って、同じ顔のキャラクターを生成する方法を紹介します。IP-Adapter-FaceIDはControlnet Reference Onlyと比較すると、非常に精度が高くなりました。少し手間がかかりますが顔を維持して画像生成したい場合におすすめの機能です。
画像生成AI

【Stable Diffusion】生成した画像の手をADetailerとdepth_hand_refinerで修正する方法

txt2imgでADetailerとdepth_hand_refinerを使って、崩れた手を修正する方法を解説します。ADetailerは手や顔などを自動で認識して補正してくれる拡張機能で、depth_hand_refinerを使えば高精度の修正が可能です。
画像生成AI

【Stable Diffusion】ControlNet depth_hand_refinerで手の崩れを修正する方法!

ControlNet depth_hand_refinerを使えば、指の本数に悩む必要はありません。ADetailerでは期待できなかった手の修正ですが、depth_hand_refinerであればかなりの精度で修正が可能になります!
画像生成AI

Stable Diffusion WebUIの便利なおすすめ拡張機能11選!!【完全版】

Stable Diffusion WebUIで画像生成する際に、必ずインストールしてほしい拡張機能を紹介していきます。おすすめの拡張機能の他、インストール方法・削除方法も合わせて紹介します。
画像生成AI

LCM samplerをStable Diffusionで使用する方法を紹介します

Stable Diffusion WebUIでLCM samplerを使用する方法を紹介します。LCM samplerはLCM-LoRAに最適なsamplerです。現状はLCM samplerを使いたい場合に、手動でインストールする必要があります。
画像生成AI

Stable Diffusion WebUIでLCMが使える拡張機能「sd-webui-lcm」を紹介します

Stable Diffusion WebUIでLCMが使える拡張機能、sd-webui-lcmを紹介します。LCMを使用するとリアルタイムで画像生成が可能な程、画像生成時間が高速化します。今回はsd-webui-lcmのインストールからtxt2img機能の使い方を解説します。