おすすめ

機材レビュー(PC・ガジェット)

Razer Viper 軽量ゲーミングマウス【クリエイターにもおすすめ】レビュー

Razerの有線ゲーミングマウス Viperのレビューです。 Viperはオーソドックスな形状で万人に受けいられるマウスです。 特徴は軽さで69gです。ボタン構成はシンプルでサイドボタンが左右に2つずつ、左右対称形状なので左利きの方にも対応できます。 疲労が軽減されるのでクリエイターにもおすすめできる万能マウスです。
機材レビュー

Xfer Records SERUM【EDM定番シンセサイザー】レビュー

定番で大人気!ウェーブテーブルシンセサイザープラグイン Xfer Records SERUMのレビューです。 SERUMは優れた音質により世界中の著名なアーティストに愛用されています。 音質はもちろんですが、インターフェイスデザインも秀逸であり、シンセサイザー初心者の方でも音作りし易いプラグインです。
機材レビュー(PC・ガジェット)

I-O DATA EX-LDGCQ241DB ちょうどいいWQHDゲーミングモニターレビュー

I-O DATAの WQHDゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCQ241DBのレビューです。 EX-LDGCQ241DBは23.8インチ、WQHD ADSパネルを備えたディスプレイです。 GigaCrystaシリーズはPCとしてはめずらしくリモコンが付属します。 表示モードが複数あり設定項目も多いため重宝します。
機材レビュー

IK Multimedia MODO BASS 【定番生ベース音源】レビュー

リアル系ベース音源、IK Multimedia MODO BASSのレビューです。 MODO BASSは物理モデリングベース音源で、非常にリアルなエレキベース音源です。 特にヒューマナイズ処理が秀逸で、8分音符を並べるだけでも生演奏のような音が出せます。 設定項目は非常に細かく、弾き方はもちろん、弦の劣化まで再現されています。
機材レビュー(PC・ガジェット)

EVICIV EVC-1506 15.6インチモバイルモニターレビュー【Nintendo Switchも接続可能】

EVICIVの15.6インチモバイルモニターEVC-1506のレビューです。 EVC-1506は解像度1920*1080でUSB-C,miniDP,HDMIと豊富な入力端子を備えるモバイルモニターです。 付属品も豊富でケース兼スタンド、接続ケーブル3種類にACアダプターと、到着後すぐに使用することが可能です。
tips(PC・ガジェット)

DTM用おすすめノートパソコン【後悔しない為のスペック重視】

DTM用のおすすめノートパソコンを5機種紹介します。 DTM用のノートパソコンは高いCPU、メモリスペックを必要とします。 一般的にゲーミング用として販売されているモデルはDTM用としても最適なノートパソコンと云えます。 スペックを妥協すると買い替えることになってしまうので十分なスペックのノートパソコンをおすすめします
How to

Cakewalk by BandLab ダウンロードからインストールまでの手順を紹介【無料DAW】

Cakewalk by BandLabのダウンロードからインストールまでの手順を紹介します。 Cakewalk by BandLabは無料ですが、全ての機能が使用できるめずらしいソフトです。 ただ一般的な有料のDAWにバンドルされるサードパーティー製のプラグインは一切含まれていません。 含まれているのは最低限のエフェクターに動作の軽い音源のみです。
How to

Xfer Records OTTの使い方【無料マルチバンドコンプレッサー】EDMで必須!

Xfer Recordsから無料で提供されているマルチバンドコンプレッサープラグイン『OTT』の使い方を解説します。 OTTはマルチバンドコンプレッサーとしては設定項目が少なく、簡単に華やかで派手なトラックが作れるので特にEDMで多用されるプラグインです。
tips(ギター)

おすすめアンプシミュレーター【2020年度 人気ランキング6選】フロアタイプ編

おすすめのフロアタイプアンプシミュレーター、人気ランキング6選を紹介します。 アンプシミュレーターの中でもライブ演奏から、レコーディングまで幅広く使用できるのがフロアタイプの特徴です。 コンパクトながらもエクスプレッションペダルを搭載するモデルもあり、即戦力となる機材の筆頭です。
tips(ギター)

クリップチューナーおすすめモデル4選【お手軽コンパクトチューナー】

コンパクトで手軽に持ち運べるクリップチューナー、厳選4モデルを紹介します。 ギタリストではペダル型チューナーを使用している方も多いかと思いますが、最近のクリップタイプは精度も高くレコーディングでも使用できます。またポケットに入れて持ち運ぶことも出来るのでエフェクターボードのスペースを占有しません。
タイトルとURLをコピーしました