無料ソフトウェア

セール・新製品

iZotope Ozone Elements無償配布しています!【NI提携記念 HYBRID KEYSも無償配布】

iZotope Ozone Elements、Native Instruments HYBRID KEYSがそれぞれ無償配布しています。iZotopeとNIが提携することにより生まれたキャンペーンですが、今後の動きも気になりますね。もしかしたらAIに強いiZotopeの技術と音源に秀でたNIで、まったく新しいプラグインが生まれるかも・・・
DaVinci Resolve

DaVinci Resolveを使ってみた【AviUtlから乗り換え】無料なのに高機能!

元々AviUtlを使っていた私は、あることがきっかけでDavinci Resolveに乗り換えました。 乗り換えの理由から、Davinci Resolveの使い易いポイントを紹介していきます。 Davinci Resolveは無償版と、買い切りで安価な有償版が提供されいます。 無償版でも高機能で一般的な用途であれば事足ります
How to

ケロケロボイス(ロボットボイス)の作り方とコツ

ケロケロボイス(ロボットボイス)の仕組みと作り方を解説します。 ケロケロボイスはPerfumeさんで使用されているのが代表的ですね。 ケロケロボイスはピッチシフターエフェクターを使用して、ピッチの揺れを無くすことで作れます。 今回は作り方の他、ケロケロボイスを再現できる有料、無料のプラグインを紹介します。
セール・新製品

iZotope GWセール Nectar Elementsが無料だよ!

GWセールにてNectar Elementsを無償配布しています。 その他、各種Elements版をバンドルしたGolden Week Bundle、BT Bundle等々非常にお買い得です。 特におすすめするのは主要なizotopeプラグインがバンドルされたTonal Balance Bundle crossgradeです。
How to

Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・プラグイン編

Cakewalk by BandLabでのプラグインの使い方を解説します。 プラグインをインストールした後はDAWに認識させる必要があります。 今回はプラグインのインストール後の設定から、プラグインのトラックへのインサート方法を紹介します。 DAWで音楽を作っていると必ずプラグインを使うことになるのでマスターしておきましょう。
How to

Cakewalk by BandLab【無料DAW】使い方・編集、ミキサー編

Cakewalk by BandLabの使い方を紹介します。 今回は、編集編として主にミキサー(コンソール)の使い方を紹介します。 コンソールには通常トラック(midi、Audio)とバストラックが配置されていて、全てのトラックを管理出来ます。 コンソールはミックス、マスタリング作業に適したレイアウトになっています。
How to

Cakewalk by BandLab 使い方・基本編【無料DAW】

無料DAW Cakewalk by BandLab の基本的な使い方を紹介します。 基本編では、プロジェクトの起動からコントロールパネルの見方、音源の起動とmidiノートの入力方法までを解説していきます。 Cakewalkには作曲のスケッチに使い易い音源TTS-1が搭載されています。
How to

Cakewalk by BandLab ダウンロードからインストールまでの手順を紹介【無料DAW】

Cakewalk by BandLabのダウンロードからインストールまでの手順を紹介します。 Cakewalk by BandLabは無料ですが、全ての機能が使用できるめずらしいソフトです。 ただ一般的な有料のDAWにバンドルされるサードパーティー製のプラグインは一切含まれていません。 含まれているのは最低限のエフェクターに動作の軽い音源のみです。
How to

iZotope Vinyl インストールから使い方紹介【手軽にビンテージサウンド作れる】リニューアル版無料配布中!

iZotopeの無料プラグインVinylがリニューアルされました。インストールから使い方まで紹介します。 Vinylはレコードの劣化したノイズをトラックに付与するプラグインで、ローファイヒップホップや曲の展開として使えます。 設定項目は独特で全てがノイズのパラメーターになっています。効果が解り易いので導入が容易です。
How to

Xfer Records OTTの使い方【無料マルチバンドコンプレッサー】EDMで必須!

Xfer Recordsから無料で提供されているマルチバンドコンプレッサープラグイン『OTT』の使い方を解説します。 OTTはマルチバンドコンプレッサーとしては設定項目が少なく、簡単に華やかで派手なトラックが作れるので特にEDMで多用されるプラグインです。
タイトルとURLをコピーしました