セール・新製品

IK Multimedia AmpliTube 5 発売開始!【定番アンプシミュレーター】

セール・新製品
スポンサーリンク
はじめに

12月に発売が噂されていたIK Multimedia AmpliTube 5の発売が遂に始まりました。

お得なオーディオインターフェイスとのバンドル版が発売されます!

スポンサーリンク

AmpliTubeとは

AmpliTube 5 amp simulation and guitar gear modeling software
Supercharge your guitar tone with new signal chain & routing, new cabinet section with VIR ™ technology, custom IR loader, new gear, and much more.

現在提供されているAmpliTube4は2015年10月29日に発売され5年経過しています。
昔からのライバルというか、同じようにステップアップしてきたGUITAR RIG 6が先に発売されているのでAmpliTubeも今年中には発売されると思っていました。

最近ではIRデータが一般的になっており、アンプシミュレーターも外部IRデータを読み込むことが当たり前になっています。
ですが、AmpliTube4は古いこともあり、外部IRには対応していなくキャビネット部分もシミュレーターのままです。

公式サイトより、体験版もダウンロード可能です。
ただ体験版としてはリリースされておらず、製品版をダウンロードしオーサライズしない状態では、機能制限版として使用できます。
ダウンロードサイズは2.4GBで、9日間試用できるようです。

AmpliTube 5の特徴・新機能

brit800のアンプ画像
黄色のコントロールパネル

VIR(Volumetric Impulse Response)技術

スピーカーごとに600のIRデータを使用してリアルな音響を再現します。
IRデータは、2スピーカーのモデルでは1,200、4スピーカーのモデルでは2,400に達します。
マイクの位置や種類だけでなく、スピーカーどうしの相互作用、キャビネットの箱鳴り、フロアがキャビネットに与える影響なども反映させ、忠実でリアルなサウンドを実現しています。

IK Multimedia公式サイト

と膨大な量のIRデータを内包していて、公式画像を見ると今までよりも緻密な調整が可能なようです。
IRデータは143,000以上に及ぶそうです・・・・

もちろん外部IRの読み込みも可能になりました。

ユーザーインターフェイス

アナログライクなインターフェイスで、ギタリストは受け入れ易いデザインに刷新されましたね。
ただ、BiasAmpのユーザーインターフェイスにそっくりです・・・・それだけBiasAmpが優れていたのですが。

シグナルチェインを自由にカスタマイズ可能

AmpliTube4はエフェクターの接続順くらいはいじれましたが、他は制限されていました。
(信号の流れは決まっていて、間のエフェクターのON/OFFを切り替えるイメージ)
AmpliTube5では自由にシグナルチェインをカスタマイズ出来るようになりました。

新規モデリングギア

新しいエフェクター、アンプ、キャビネットは勿論のこと、既存モデルも再キャプチャーされています。

AmpliTube 5のラインナップ・価格について

・AmpliTube 5 CS
無料体験版で、扱えるギアは39種類です。

・AmpliTube 5 SE

廉価版で扱えるギアは77種類です。

・AmpliTube 5

通常版で扱えるギアは170種類です。
私はAmpliTube 4の通常版を使用していました。

・AmpliTube 5 MAX

全てのギアを収録したモデルです。

各バージョンの公式価格は以下の通りです。

通常版

AmpliTube 5 SE149.99ユーロ
AmpliTube 5299.99ユーロ
AmpliTube 5 MAX599.99ユーロ

アップグレード版

AmpliTube 5 SE
AmpliTube 5199.99ユーロ
AmpliTube 5 MAX399.99ユーロ

上記の他同社のオーディオインターフェイス、AXE I/O(もしくはSOLO)とのお得なバンドル版が発売されます。
特にギター用のオーディオインターフェイスを探している方にはぴったりなパッケージです。

AXE I/Oについて詳しく知りたい方は『AXE I/O IK Multimediaオーディオインターフェイス【機材レビュー】』にてレビューしています。

最後に

今回はIK Multimedia AmpliTube 5を紹介しました。
IK MultimediaのMODOシリーズはリアルなモデリングで好評なので、後続となるAmpliTube 5には凄く期待できます。

新着
IK Multimedia AmpliTube 5 発売開始!【定番アンプシミュレーター】
IK Multimedia AmpliTube 5の発売が遂に始まりました。 外部IRデータにももちろん対応、他ソフトと比較すると膨大なIRデータが特徴です。
おすすめ
TC ELECTRONIC UniTune Clip機材レビュー【高精度クリップチューナー】
UniTune Clipの機材レビューです。 UniTune Clipは精度が高く、メインチューナーとして十分なスペックを持ちます。
おすすめ
AXE I/O IK Multimediaオーディオインターフェイス【機材レビュー】
ギタリスト向けのオーディオインターフェイス、IK Multimedia AXE I/Oのレビューです。
おすすめ
エレキギター弦のおすすめモデル紹介
定番のモデルから、おすすめのモデルまで幅広い視点で紹介していきます。
お得
Line6 Relay G10t【お手軽ギターワイヤレス】機材レビュー
Line6のギターワイヤレスシステムRelayシリーズの普及帯となるモデルG10のレビューです。
必見
突っ張り棒を使用したギター壁掛け写真
賃貸でもOK! ギター壁掛けのやり方【山善 突っ張りパーテーション】
山善 突っ張りパーテーションを使って、賃貸物件でも可能なギター壁掛けのやり方を紹介します。
必見
初めてでも簡単!エレキギターのカスタムについて
チューニングが安定しない・・・ノイズが気になる・・・音を変えてみたい・・・等々、使っていると悩みを抱えることがあります。 今回はそんな悩みを解決できるよう、簡単なエレキギターカスタマイズを紹介します。

Comment

タイトルとURLをコピーしました